« 歯周病抑制の分子発見 治療に道 | トップページ | 生きた状態での生物の高解像度電子顕微鏡観察に成功 »

2016年1月21日 (木)

地中に貯留した CO2を連続的にモニタリングする手法を開発~安全な CO2地中貯留による CO2の削減・温暖化防止に向けた試み~

2015/12/25 九州大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学カーボンニュートラル
・エネルギー国際研究所(I2CNER)の
池田達紀学術研究員、辻健准教授と、
東京大学の渡辺俊樹教授、
名古屋大学の山岡耕春教授らの
研究グループは、二酸化炭素(CO2)
地中貯留で、連続的に微小振動を
発振する装置(アクロス)(※1)を
利用して、貯留したCO2 を高い精度で
連続的にモニタリングする手法を
開発しました。
 
 CO2 地中貯留を行うことで、近未来的に
CO2 を大幅に削減することができる
と考えられています。
 
 一方で、万が一 CO2 が貯留層から漏洩
した場合、それを直ちに検出し、
貯留作業を止める必要があります。
 
 この装置によって発振された連続振動
を、地震計で記録し、特に表面波(※2)
と呼ばれる地震波に注目した解析を
行うことで、CO2 の漏洩を高い精度で
検出できることが分かりました。
 
 この手法により、比較的安価に
貯留した CO2をモニタリングすることが
でき、また、突然の CO2 の漏洩にも
対応できると考えられます。
 
 本研究成果は、2015 年 12 月 23 日
(水)に Elsevier 社の国際学術誌
「International Journal ofGreenhouse
Gas Control」のオンライン版で
公開されました。
---------------------------------------
 
>既に海外では、いくつかの
>CCS プロジェクトが実施されています。
 
>日本周辺にも CO2を貯留できる地層が
>あり、日本の総 CO2排出量の
>約 100 年分を貯留できるという
>試算もあります。
 
 とは言いながら、地震国なのに、
安全に貯留出来ると言う科学的根拠
を示して欲しいですね。
 
 CO2 を貯留するからには連続的に
モニタリング出来ることは必須だと
思いますが、それも出来ていなかった。
 
 今回の技術もまだ未完。
 
>北海道の苫小牧市で CO2 の
>地中貯留が、来年から予定されて
>います。
 
 安全であることの国民への説明は
なされているのでしょうか?
 
 ありました?
 
 必須の技術なのかも知れませんが
気になります。

|

« 歯周病抑制の分子発見 治療に道 | トップページ | 生きた状態での生物の高解像度電子顕微鏡観察に成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63098605

この記事へのトラックバック一覧です: 地中に貯留した CO2を連続的にモニタリングする手法を開発~安全な CO2地中貯留による CO2の削減・温暖化防止に向けた試み~:

« 歯周病抑制の分子発見 治療に道 | トップページ | 生きた状態での生物の高解像度電子顕微鏡観察に成功 »