« 「リスクゼロは不可能」「再生医療は人間を幸せにするのか」第一人者・高橋政代氏の情熱と苦悩 | トップページ | 東大など、iPS細胞由来の抗原特異的若返りT細胞に関する基本特許が米国で成立 »

2016年1月 8日 (金)

iPS心筋シート移植へ=16年度に臨床申請 - 阪大

2016年1月6日 WALL STREET JOURNAL
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を
使って重い心臓病を治す心筋シート移植の
実用化に向けて、大阪大の教授らが
2016年度中に、臨床研究を国に
申請することが分かった。
 
 研究ではiPS細胞を心筋細胞に
変化させてシート状にし、患者の心臓に
張り付けて安全性や有効性を確認する。
 
 早ければ17年度にも開始する。
---------------------------------------
 
 良いですね。積極的に進めて欲しい。

|

« 「リスクゼロは不可能」「再生医療は人間を幸せにするのか」第一人者・高橋政代氏の情熱と苦悩 | トップページ | 東大など、iPS細胞由来の抗原特異的若返りT細胞に関する基本特許が米国で成立 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/63026004

この記事へのトラックバック一覧です: iPS心筋シート移植へ=16年度に臨床申請 - 阪大:

« 「リスクゼロは不可能」「再生医療は人間を幸せにするのか」第一人者・高橋政代氏の情熱と苦悩 | トップページ | 東大など、iPS細胞由来の抗原特異的若返りT細胞に関する基本特許が米国で成立 »