« 液体金属流から電気エネルギーを取り出せることを解明~電子の自転運動を利用した新しい発電へ~ | トップページ | 妊婦減量で子供が脂肪肝に 異常たんぱく質で炎症 »

2015年12月28日 (月)

脳腫瘍に新たな治療法、「T細胞移入療法」を検証

2015年12月27日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 悪性度の高い脳腫瘍として知られている
「膠芽腫(グリオーマ)」に有望な
新治療法が作られた。
 
 米国、カリフォルニア大学ロサンゼルス校
のロバート・プリンス氏らの研究グループが
2015年9月に報告したもの。
 
 研究グループは、化学療法薬デシタビン
(一般名)と遺伝子操作した免疫細胞を
組み合わせた治療法の効果について
検証した。
---------------------------------------
 
>膠芽腫は通常はNY-ESO-1を持っていない
>が、デシタビンを投与して、
>腫瘍細胞がNY-ESO-1を持つように
>変化させる。
 
 今までは、がんが本来持っている目印を
ターゲットとして攻撃するのですが、
今回の方法は、持っていない目印を
化学療法薬で持たせて、それをターゲット
にするようにT細胞を変化させる。
 → その後、そのT細胞を投与する。
 
 と言う方法のようです。
 
 良さそうです。期待したい。

|

« 液体金属流から電気エネルギーを取り出せることを解明~電子の自転運動を利用した新しい発電へ~ | トップページ | 妊婦減量で子供が脂肪肝に 異常たんぱく質で炎症 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62954191

この記事へのトラックバック一覧です: 脳腫瘍に新たな治療法、「T細胞移入療法」を検証:

« 液体金属流から電気エネルギーを取り出せることを解明~電子の自転運動を利用した新しい発電へ~ | トップページ | 妊婦減量で子供が脂肪肝に 異常たんぱく質で炎症 »