« バイリンガルが認知機能に関連、脳卒中後のダメージに差 インド研究 | トップページ | ミトコンドリア病に対する新規治療薬の開発 ‐新規化合物MA-5はミトコンドリア病モデルマウスの寿命を延長させる‐ »

2015年12月 3日 (木)

肝機能を改善へ細胞シート開発 板場助教研究グループ

2015年12月2日 日本海新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 鳥取大大学院医学系研究科
遺伝子医療学部門(汐田剛史教授)の
板場則子助教(37)の研究グループが、
病気の肝臓の表面に移植するだけで、
低下した肝機能が改善する肝疾患治療用の
細胞シートを開発した。
 
 ヒトの骨髄などの中に含まれる細胞を
利用しているため、がん化のリスクが
少なく、安全性が高いのが特徴。
 
 肝臓疾患への画期的な治療につながる
と期待される。
 
 研究結果は科学誌
「サイエンティフィック・リポーツ」の
電子版に掲載。
 
 現在、研究にかかる特許を米国と欧州で
申請している。
 
 今後は、効果の継続期間や慢性疾患に
対する有効性などを検証。
 
 ヒトへの応用には数年かかる見通し
だが、板場助教は「ドナーを待つ患者の
症状緩和や生存期間の延長など
広く肝疾患の治療ツールになる」と
話している。
---------------------------------------
 
 細胞シートっていろいろ出来るの
ですね。
 
 今回のものが肝臓疾患への画期的な
治療につながると良いですね。
 
>ヒトへの応用には数年かかる
>見通しだが、
 
 と言っていますが、上手く行くように
祈ってます。

|

« バイリンガルが認知機能に関連、脳卒中後のダメージに差 インド研究 | トップページ | ミトコンドリア病に対する新規治療薬の開発 ‐新規化合物MA-5はミトコンドリア病モデルマウスの寿命を延長させる‐ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62798549

この記事へのトラックバック一覧です: 肝機能を改善へ細胞シート開発 板場助教研究グループ:

« バイリンガルが認知機能に関連、脳卒中後のダメージに差 インド研究 | トップページ | ミトコンドリア病に対する新規治療薬の開発 ‐新規化合物MA-5はミトコンドリア病モデルマウスの寿命を延長させる‐ »