« 「オプジーボ」、根治切除不能または転移性の腎細胞がんに対する効能・効果変更へ-小野薬品 | トップページ | 光でセシウムイオンを細胞から汲み出すタンパク質の創成に成功!光を使って放射性セシウムを回収する原理の開発 »

2015年12月16日 (水)

「Muse細胞」肝臓の修復・再生に関与

2015年12月15日 河北新報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岩手医大は14日、肝臓の組織修復や
再生に多能性幹細胞の
「Muse(ミューズ)細胞」が独占的に
関与していることを、東北大、防衛医大
との共同研究で初めて解明したと発表した。
 
 手術後の肝臓回復を早める細胞移植療法
などへの活用が期待できる。
 
 11日付の米移植学会誌のオンライン版
に発表した。
---------------------------------------
 
 独占的に関与ね~
 理由はなんなんでしょう?
 
 とりあえず、
>手術後の肝臓修復を早める補助療法
>として、早期の臨床応用が期待できる。
 
 ということになりそうです。
 
 関連記事です。動画です。
IBC 岩手放送

|

« 「オプジーボ」、根治切除不能または転移性の腎細胞がんに対する効能・効果変更へ-小野薬品 | トップページ | 光でセシウムイオンを細胞から汲み出すタンパク質の創成に成功!光を使って放射性セシウムを回収する原理の開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62880289

この記事へのトラックバック一覧です: 「Muse細胞」肝臓の修復・再生に関与:

« 「オプジーボ」、根治切除不能または転移性の腎細胞がんに対する効能・効果変更へ-小野薬品 | トップページ | 光でセシウムイオンを細胞から汲み出すタンパク質の創成に成功!光を使って放射性セシウムを回収する原理の開発 »