« 脳腫瘍に新たな治療法、「T細胞移入療法」を検証 | トップページ | 多発性骨髄腫に新たな治療法、「キメラ抗原受容体T細胞療法(CART)」の効果を確認 »

2015年12月28日 (月)

妊婦減量で子供が脂肪肝に 異常たんぱく質で炎症

2015/12/26 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 浜松医大と東京医科歯科大の研究チーム
はダイエットなどで栄養不足の妊婦から
生まれた子供が脂肪肝になるリスクが
高まるメカニズムをマウスの実験で
明らかにし、26日までに英科学誌電子版に
発表した。
 
 異常な形のたんぱく質が肝臓の細胞に
蓄積し、炎症を起こすという。
---------------------------------------
 
 気をつけた方が良さそうです。
 
>伊東病院教授は「やせたいとの願望から
>妊婦が不自然なダイエットをしている」
>とみる。
 
>胎児期に低栄養にさらされた子供は
>成長後、脂肪肝になるリスクが高い
>ことは知られていた。
 
 と言っていますが、一般人は知らない
ですよね。
 
 原因がわからないにしても事実として
存在することは、広く一般に知らしめる
べきではないでしょうか?

|

« 脳腫瘍に新たな治療法、「T細胞移入療法」を検証 | トップページ | 多発性骨髄腫に新たな治療法、「キメラ抗原受容体T細胞療法(CART)」の効果を確認 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62954249

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦減量で子供が脂肪肝に 異常たんぱく質で炎症:

« 脳腫瘍に新たな治療法、「T細胞移入療法」を検証 | トップページ | 多発性骨髄腫に新たな治療法、「キメラ抗原受容体T細胞療法(CART)」の効果を確認 »