« たちの悪い「がん幹細胞」、根絶可能な薬の候補を発見 注目のナノ物質「グラフェン」、革新的ながん治療法となるか? | トップページ | 神経難病が起こる仕組みを解明~多発性硬化症の新しい治療法に道~ »

2015年12月12日 (土)

トランスレーショナル・リサーチの実践 ―産官学 若手研究者がリーダーシップを発揮する時―

2015年12月11日
Neurology 興味を持った「神経内科」論文
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 死の谷を乗り越えるためには、こういう
行動が大切なのだと思う。
 
 開発は日本、製品は海外では困った
もの。
 
 問題点山積です。
 
 少しは進んでいるけれど、
ドラッグラグも殆ど改善しない。
 
>創薬・医療機器開発のロードマップが
>イメージできない
 と言うのは教育の問題では?
 
 「トランスレーショナル・リサーチ」
の実践とベンチャーの育成が必須かな?
 
 医療を良くしていこうという
システマチックな行動が無いに等しい。
 
 個々の研究をしっかり実践することと、
医療全体がうまく機能していくようにする
ことは次元が違う。
 
 違うアプローチがなくてはいけない。

|

« たちの悪い「がん幹細胞」、根絶可能な薬の候補を発見 注目のナノ物質「グラフェン」、革新的ながん治療法となるか? | トップページ | 神経難病が起こる仕組みを解明~多発性硬化症の新しい治療法に道~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62853928

この記事へのトラックバック一覧です: トランスレーショナル・リサーチの実践 ―産官学 若手研究者がリーダーシップを発揮する時―:

« たちの悪い「がん幹細胞」、根絶可能な薬の候補を発見 注目のナノ物質「グラフェン」、革新的ながん治療法となるか? | トップページ | 神経難病が起こる仕組みを解明~多発性硬化症の新しい治療法に道~ »