« 脳腫瘍の生存率が飛躍的に向上 注目の光線力学(PDT)治療 | トップページ | 「オプジーボ」、根治切除不能または転移性の腎細胞がんに対する効能・効果変更へ-小野薬品 »

2015年12月15日 (火)

心不全を起こすたんぱく質発見 働き弱め発症抑制も

2015/12/9 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 心筋梗塞の発症後に心臓内で作られる
特定のタンパク質が、心筋の細胞死を
促すことで心不全を発症させる仕組みの
一端を大阪大のチームが解明し、
このほど米医学誌電子版に発表した。
 
 チームは心筋梗塞後に心臓内で
作られるタンパク質に着目。
 
 培養皿上の実験で、このうちの1種
「ペリオスチン1」が細胞同士の結合を
弱める働きを持つことが分かり、
結合の弱まった心筋が細胞死して
心不全に発展することを突き止めた。
 
 またペリオスチン1だけに反応して
働きを弱める抗体を作り、心筋梗塞を
発症した約20匹のラットに投与。
 
 効果のないタンパク質を投与したラット
約20匹と比べると、心臓の収縮力が
15%ほど強かった。
 
 心筋も比較的衰えず、心機能が
維持されていた。〔共同〕
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 今後に期待したい。

|

« 脳腫瘍の生存率が飛躍的に向上 注目の光線力学(PDT)治療 | トップページ | 「オプジーボ」、根治切除不能または転移性の腎細胞がんに対する効能・効果変更へ-小野薬品 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62874688

この記事へのトラックバック一覧です: 心不全を起こすたんぱく質発見 働き弱め発症抑制も:

« 脳腫瘍の生存率が飛躍的に向上 注目の光線力学(PDT)治療 | トップページ | 「オプジーボ」、根治切除不能または転移性の腎細胞がんに対する効能・効果変更へ-小野薬品 »