« ミトコンドリア病に対する新規治療薬の開発 ‐新規化合物MA-5はミトコンドリア病モデルマウスの寿命を延長させる‐ | トップページ | 肝細胞がんで活性化するレトロウイルス由来のRNA-肝細胞がんの病態解明、診断マーカーへの応用に期待- »

2015年12月 3日 (木)

FOP変異型受容体を介して、アクチビンAがBMPシグナルを活性化する~FOPの異所性骨形成における新たなメカニズムを発見~

平成27年12月1日
京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)
科学技術振興機構(JST)
日本医療研究開発機構(AMED)
大日本住友製薬株式会社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
○進行性骨化性線維異形成症
 (Fibrodysplasia
 Ossificans
 Progressiva; FOP)
 患者さんから作製したiPS細胞を
 用いることにより、通常では他の
 シグナルを伝達するアクチビンAが、
 疾患細胞ではBMPシグナルを異常に
 伝達し、異所性骨形成を促進すること
 を明らかにした。
 
○アクチビンA阻害剤がFOP治療薬と
 なる可能性が示された。
 
○疾患iPS細胞から作製した
 間葉系間質細胞を、
 アクチビンA発現細胞と共に
 免疫不全マウスに移植し、
 患者さん由来細胞を用いた
 異所性骨形成モデルの作製に
 世界で初めて成功した。
 
 
-----
 日野 恭介 共同研究員
(京都大学 CiRA/大日本住友製薬
株式会社 先端創薬研究所)、
池谷 真 准教授(京都大学CiRA)、
戸口田 淳也 教授
(京都大学 CiRA/再生医科学
研究所/医学研究科)らの
研究グループは、FOP患者さんから
作製したiPS細胞
(FOP-iPS細胞)を分化させて
作製したFOP患者さん由来細胞
(FOP細胞)を用いて、
本来別のシグナルを伝える分子である
アクチビンA注1)が、FOP細胞
ではBMP注2)シグナルを異常に
伝達し、骨軟骨形成を促進することを
示しました。
 
 FOPとは、筋肉や腱、靭帯など
本来は骨が出来てはいけない組織の中に
異所性骨とよばれる骨が徐々にできる疾患
です。
 
 原因は、BMP受容体である
ACVR1注3)の一部が突然変異
により変化して、BMPシグナルを
過剰に伝えるためと考えられています。
 
 研究グループはFOP-iPS細胞を
用いて、本来は別のシグナルを伝える
アクチビンAが、FOP細胞では
BMPシグナルを異常に伝達することを
突き止めました。
 
 さらにFOP-iPS細胞から作製した
間葉系間質細胞注4)を、
アクチビンA発現細胞と共に
免疫不全マウスに移植することで、
患者由来細胞を用いた異所性骨形成モデル
の作製に世界で初めて成功しました。
 
 これらの結果はアクチビンA阻害剤が
FOP治療薬の候補となる可能性を
示唆しており、異所性骨形成モデル
を用いて治療候補薬の効果を生体で
検証することが可能となりました。
 
 この研究成果は2015年11月30日
午後3時(米国東部時間)に
「Proceedings of the
 National Academy
 of Sciences
(米国科学アカデミー紀要)」で
公開されます。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>本研究では、FOP-iPS細胞を
>用いて、本来TGF-βシグナルを
>伝える分子であるアクチビンAが
>FOP細胞ではBMPシグナルを伝え、
>骨軟骨形成を促進することを
>明らかにし、このメカニズムが
>FOPにおける異所性骨化形成に
>大きく寄与している可能性を
>示しました。
 
>またこの結果は、アクチビンA阻害剤が
>FOP治療薬の候補となる可能性を
>示唆します。
 
>さらにFOP-iPS細胞から
>作製した間葉系間質細胞を、
>アクチビンA発現細胞と共に
>免疫不全マウスに移植することで、
>FOP患者由来細胞を用いた
>異所性骨形成モデルの作製に
>世界で初めて成功しました。
 
>このモデルを用いることで、
>FOPに対する薬剤の効果を
>生体で検証することが可能となり、
>治療薬のスクリーニングに
>役立つことが期待されます。
 
 FOP大変な難病だと思います。
 
 この結果を受けて一刻でも早く、
治療薬が開発されるよう祈っています。

|

« ミトコンドリア病に対する新規治療薬の開発 ‐新規化合物MA-5はミトコンドリア病モデルマウスの寿命を延長させる‐ | トップページ | 肝細胞がんで活性化するレトロウイルス由来のRNA-肝細胞がんの病態解明、診断マーカーへの応用に期待- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62799268

この記事へのトラックバック一覧です: FOP変異型受容体を介して、アクチビンAがBMPシグナルを活性化する~FOPの異所性骨形成における新たなメカニズムを発見~:

« ミトコンドリア病に対する新規治療薬の開発 ‐新規化合物MA-5はミトコンドリア病モデルマウスの寿命を延長させる‐ | トップページ | 肝細胞がんで活性化するレトロウイルス由来のRNA-肝細胞がんの病態解明、診断マーカーへの応用に期待- »