« 具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ? | トップページ | ES/iPS細胞から神経細胞を「作り分ける」新技術を開発- iPS 細胞による神経難病研究の精度の向上- »

2015年11月 8日 (日)

自己免疫疾患を防ぐ遺伝子Fezf2の発見~Fezf2は自己抗原の発現を制御し免疫寛容を成立させる~

平成27年11月6日
東京大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
○生体防御において重要な役割を果たす
 リンパ球の1つであるT細胞は胸腺と
 呼ばれる臓器で分化・成熟し、
 自分の成分(自己抗原)に反応しない
 よう教育される(免疫寛容)。
 この際に転写因子Fezf2が
 自己抗原をつくり、T細胞の選別を
 行うことを見いだした。
 さらに、Fezf2が全身の
 自己免疫疾患の発症を防いでいる
 ことを明らかにした。
 
○すべての自己抗原が胸腺でどのように
 発現しT細胞を教育しているのか、
 これまでよく分かっていなかった。
 今回、胸腺上皮細胞の
 転写因子Fezf2が、多くの自己抗原
 の発現を直接的に制御していることが
 明らかとなり、免疫寛容を作りあげる
 基本的な仕組みが解明された。
 
○高等生物の免疫系の仕組みの基本原理の
 理解につながる、免疫寛容が成立する
 メカニズムを解明した。
 将来的に、現在では原因が不明な
 多数の自己免疫疾患の病態解明や、
 自己免疫疾患に対する新しい治療法の
 確立に役立つことが期待される。
 
 
-----
 関節リウマチなど、免疫系が自分の体を
攻撃してしまう病気は自己免疫疾患注1)
と呼ばれています。
 
 自己免疫疾患の患者数は、日本国内だけ
でも数百万人と見積もられています。
 
 この自己免疫疾患の主な原因は、
T細胞注2)が自己の成分
(自己抗原注3))を認識すること
による過剰な免疫応答であると
考えられています。
 
 T細胞は心臓の上部前方に位置する
臓器である胸腺において分化・成熟
します。
 
 その過程では、抗原を認識する
タンパク質であるT細胞抗原受容体が
ランダムに作られるため、自己抗原に
反応するT細胞が必然的に生まれて
しまいます。
 
 従って、自分の体を誤って攻撃して
しまうことがないよう、そのような
自己反応性のT細胞は胸腺内で除去
されています。
 
 しかし、どのようなメカニズムで
自己抗原をつくり、自己反応性の
T細胞を選別しているのかは、
よく分かっていませんでした。
 
 この度、東京大学 大学院医学系研究科
病因・病理学専攻 免疫学分野の
高場 啓之 特任研究員と高柳 広 教授
らの研究グループは、胸腺に発現し、
自己反応性T細胞の選別に関わる
転写因子注4)Fezf2を
見いだしました。
 
 Fezf2は胸腺の上皮細胞で、
体の至るところで機能している遺伝子を
発現させています。
 
 自己抗原が胸腺で作られることにより、
それに反応するT細胞を選別し、
除去できるのです。
 
 Fezf2を持たない
遺伝子改変マウスを調べたところ、
自己抗体の産生や自己の組織を破壊する
といった自己免疫疾患のような症状が
見られました。
 
 この結果は、Fezf2がさまざまな
自己免疫疾患の発症を抑えていることを
示しています。
 
 今回、解明された免疫寛容注5)が
成立するメカニズムは、高等生物の
獲得免疫注6)システムの基本原理の
理解につながることが期待されます。
 
 また、現状では原因の分かっていない
自己免疫疾患の発症機序の解明や
新たな治療法の確立に役立つと
考えられます。
 
 本成果は国際科学誌「Cell」
オンライン版に、2015年11月5日
正午(米国東部時間)に掲載されます。
---------------------------------------
 
>すべての自己抗原が胸腺でどのように
>発現しT細胞を教育しているのか、
>これまでよく分かっていなかった。
 まだまだ未解明なんですね。
 
 免疫寛容が成立するメカニズムの理解が
少し進んだということのようです。
 
 以前、以下の投稿をしましたが、
理解した、というにはまだまだの
ようです。
 
2015年6月26日
 
 胸腺のT細胞“教育”の理解には
まだまだ時間がかかりそう。。
 早とちりでした。
 
 免疫寛容に関しては、以下のリンクも
あります。
 
2015年11月13日 qlifepro
 
 
 いろいろありますね。
 
>胸腺内で免疫寛容を成立させる
>分子メカニズムの一端が
>明らかとなりました。
 ということです。
 
 どうも発表の言い方は大げさで誤解
してしまいます。
 
 さらなる研究に期待したい。

|

« 具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ? | トップページ | ES/iPS細胞から神経細胞を「作り分ける」新技術を開発- iPS 細胞による神経難病研究の精度の向上- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62638526

この記事へのトラックバック一覧です: 自己免疫疾患を防ぐ遺伝子Fezf2の発見~Fezf2は自己抗原の発現を制御し免疫寛容を成立させる~:

« 具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ? | トップページ | ES/iPS細胞から神経細胞を「作り分ける」新技術を開発- iPS 細胞による神経難病研究の精度の向上- »