« がんの転移、予測可能に 足場の粒先行させ定着 | トップページ | 細胞増殖因子を用いた効率的な心筋様細胞の直接作製法を開発-心臓再生研究を画期的に前進させることを期待- »

2015年11月29日 (日)

がん免疫療法、効き目を高める「ペリサイト」 免疫システムをうまく機能させる

免疫システムをうまく機能させる
2015年11月27日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がんの免疫療法の効果を高める方法に
なるかもしれない。
 
 がんに通る血管の周辺にヒントがある
という。
 
 研究グループが注目したのは、腫瘍に
通る血管の周囲を取り巻く「ペリサイト」
と呼ばれる細胞。
 
 がんはさまざまなメカニズムで
免疫システムから逃れているという。
 
 例えば、骨髄から生まれる
「サプレッサー細胞」。
 
 その影響で、がんの治療が
うまくいかなくなるような仕組みがある。
 
 研究グループは、ペリサイトが多くなる
と、腫瘍の増殖が抑えられるように働く
と突き止めている。
 
 ペリサイトをうまく増やす治療は、
がんの免疫療法を高めるヒントになる
可能性もあるようだ。
---------------------------------------
 
 「がん」は免疫の攻撃からいろいろな
方法で逃れているのですね。
 
 記事にあるようなことも、話題になった
「免疫チェックポイント」のスイッチを
入れるとか、
 
 関連投稿です。
2015年11月25日
 
 本当にやっかいです。

|

« がんの転移、予測可能に 足場の粒先行させ定着 | トップページ | 細胞増殖因子を用いた効率的な心筋様細胞の直接作製法を開発-心臓再生研究を画期的に前進させることを期待- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62771393

この記事へのトラックバック一覧です: がん免疫療法、効き目を高める「ペリサイト」 免疫システムをうまく機能させる:

« がんの転移、予測可能に 足場の粒先行させ定着 | トップページ | 細胞増殖因子を用いた効率的な心筋様細胞の直接作製法を開発-心臓再生研究を画期的に前進させることを期待- »