« 血管の形をつくる細胞メカニズムを解明~生き物の形態が2次元・3次元で秩序よくつくられるしくみを実証~ | トップページ | 変換効率11 %の熱電変換モジュールを開発 »

2015年11月27日 (金)

がん治療改善に期待 岩手医大、細胞培養の新手法

2015/11/26 岩手日報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岩手医大薬学部薬物代謝動態学講座の
寺島潤助教(45)の研究グループは、
がん細胞を体内に近い状態で培養する
システムを構築した。
 
 従来の手法に比べ、より正確な解析が
可能になり、がん細胞が抗がん剤を
分解するメカニズムの解明や
治療法の改善につながると期待される。
 
 がん治療をめぐっては、抗がん剤を
長期間使用すると徐々に効かなくなる
問題が指摘されている。
 
 がん細胞が抗がん剤を分解する働きを
自在に強めるのが一因とみられ、
同研究グループはそのメカニズム解明に
取り組んできた。
---------------------------------------
 
>がん治療をめぐっては、抗がん剤を
>長期間使用すると徐々に効かなくなる
>問題が指摘されている。
>がん細胞が抗がん剤を分解する働きを
>自在に強めるのが一因
 なるほど。
 
 本当に「がん」は憎らしい。
 
 今回の細胞培養の新手法が抗がん剤を
分解するメカニズムの解明に役立つよう
祈っています。

|

« 血管の形をつくる細胞メカニズムを解明~生き物の形態が2次元・3次元で秩序よくつくられるしくみを実証~ | トップページ | 変換効率11 %の熱電変換モジュールを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62760290

この記事へのトラックバック一覧です: がん治療改善に期待 岩手医大、細胞培養の新手法:

« 血管の形をつくる細胞メカニズムを解明~生き物の形態が2次元・3次元で秩序よくつくられるしくみを実証~ | トップページ | 変換効率11 %の熱電変換モジュールを開発 »