« スポーツにも、聴覚補助にも 可聴域が広いヘッドホン | トップページ | 細胞膜を越えるたんぱく質輸送の新たな機構を解明~通り道を塞ぐキャップを開閉して制御 細胞内における基本的な生命現象の理解へ~ »

2015年11月16日 (月)

生体組織成長早めるシート 再生医療に、岡山大開発

2015/11/14 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 再生医療に用いる臓器などの生体組織を
体外でつくる際、培養皿に敷いて
組織の成長を大幅に早められる
ゲル状シートの開発に岡山大の松本卓也教授
(生体材料学)らのチームが成功した。
 
 成果は英科学誌電子版に掲載された。
 
 iPS細胞からさまざまな組織や
細胞をつくり、損傷部位や患部に移植して
修復、治療するなどの再生医療に
注目が集まるなか、生体組織の
作製時間短縮につながると期待される。
---------------------------------------
 
 期待したい成果ですね。
 
 問題は製品化。
 
 何処が製品化するのかな?
 
 日本の制度は貧弱です。
 積極的に改善して世界に負けない
ように、なって欲しい。
 
 是非、日本で製品化してください。

|

« スポーツにも、聴覚補助にも 可聴域が広いヘッドホン | トップページ | 細胞膜を越えるたんぱく質輸送の新たな機構を解明~通り道を塞ぐキャップを開閉して制御 細胞内における基本的な生命現象の理解へ~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62688246

この記事へのトラックバック一覧です: 生体組織成長早めるシート 再生医療に、岡山大開発:

« スポーツにも、聴覚補助にも 可聴域が広いヘッドホン | トップページ | 細胞膜を越えるたんぱく質輸送の新たな機構を解明~通り道を塞ぐキャップを開閉して制御 細胞内における基本的な生命現象の理解へ~ »