« 近未来の照明のかたち:「さっと一吹き、できあがり」 | トップページ | 具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ? »

2015年11月 7日 (土)

重力波望遠鏡「かぐら」完成 岐阜・神岡、直接観測に挑む

2015/11/6 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京大宇宙線研究所などが岐阜県飛騨市
の神岡鉱山の地下に建設を進めてきた、
遠い宇宙から届く「重力波」を観測する
望遠鏡の第1期実験施設が完成し、
6日、報道陣に公開された。
 
 今年度中に試験運転を始め、
世界初の重力波の直接観測に挑む。
 
 完成したのは大型低温重力波望遠鏡
「KAGRA(かぐら)」。
 
 今年のノーベル物理学賞受賞が
決まった梶田隆章東大宇宙線研究所長
らが推進してきた。
 
 梶田所長が素粒子ニュートリノの質量を
確認した観測装置
「スーパーカミオカンデ」と同じ鉱山跡に
建設された。
 
 15年度中に試験運転を始め、
重力波を観測できる環境が整っているか
確認する。
 
 17年度までに第2期実験施設を
完成させ、本格観測に取り組む計画だ。
---------------------------------------
 
>アインシュタインが約100年前に
>重力波の存在を予言したが、
>観測されていない。
 
 もし、重力波の直接観測に成功すれば、
ノーベル賞ものです。
 
 期待して待ちましょう。

|

« 近未来の照明のかたち:「さっと一吹き、できあがり」 | トップページ | 具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ? »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62631138

この記事へのトラックバック一覧です: 重力波望遠鏡「かぐら」完成 岐阜・神岡、直接観測に挑む:

« 近未来の照明のかたち:「さっと一吹き、できあがり」 | トップページ | 具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ? »