« 歯周病などの炎症性疾患の新規治療ターゲットを発見-新潟大 | トップページ | 潰瘍性大腸炎に新薬登場 臨床試験で効果確認 »

2015年11月23日 (月)

障害者働きやすい職場って?

2015年11月22日 YOMIURI ONLINE
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 慌ただしい職場の片隅で、日曜便への
メールを拝見していますと、短い文面の
メールが1通ありました。
 
 誰に、何があったのでしょうか。
 気になって、連絡をとってみました。
 
 メールの主は、近畿にお住まいの
直子さん(50)(仮名)でした。
 
〈障害者雇用をしながら、いとも簡単に
 退職を促す会社って信じられません。
 腹立たしい思いでいっぱいです〉
 
 直子さんは22歳の頃、
「脊髄小脳変性症」という難病になり、
手足にまひがあります。
 
 現在はつえをついての生活で、週5日、
リハビリに励んでおられるそうです。
 
 サービス業の会社に、契約社員として
勤め始めたのは約20年前。
「当初から上司や同僚に、心ないことを
言われてきました。
 『お客さんの見えないところに座って』
と言われたり……
 
 そんな職場で、よく20年も頑張って
こられましたね。
 
 「実は、意地悪な人ばかりでは
ないんです。
 
 『がんばれよ』と優しい声を掛けて
くれたり、愚痴を聞いてくれたり。
 
 そんな支えがなかったら、
やっていけなかったかもしれませんね」。
 
 そう話す声が、少し明るくなりました。
 
 障害者の人たちが働きやすい職場に
するためには、どんな心持ちが必要
でしょうか。
 
 現場の方々の意見をお待ちして
おります。(岸辺護)
---------------------------------------
 
 悲しい現実です。
 
 障害者に冷たい。どうしてでしょうか?
 
 障害者を辞めさせると良いことが
あるのでしょうか?
 
 私には理解出来ません。
 
 現在障害者となっている人でも、
自分で望んで、そうなった人はいない
はずです。
 
 「お互い様」と言う言葉がありますが、
誰でも、いつ、どうなるのか?
分からないはずです。
 
 どうして「お互い様」として
困っている人と共に助け合いながら
生きて行くことすら出来ないので
しょうか?
 
 本当に悲しくなります。

|

« 歯周病などの炎症性疾患の新規治療ターゲットを発見-新潟大 | トップページ | 潰瘍性大腸炎に新薬登場 臨床試験で効果確認 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62734428

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者働きやすい職場って?:

« 歯周病などの炎症性疾患の新規治療ターゲットを発見-新潟大 | トップページ | 潰瘍性大腸炎に新薬登場 臨床試験で効果確認 »