« はやぶさ2、順調に飛行 最初の軌道修正に成功 | トップページ | 細胞まるごと三次元画像データの自動解析法を開発-画像処理と数理計算の融合により巨大データを精密に解く新手法ー »

2015年11月 6日 (金)

新たな代謝バイオマーカー探索法を開発-わずかな代謝バランスの変動を検知する新手法-

2015年11月4日
理化学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 理化学研究所環境資源科学研究センター
環境代謝分析研究チームの
菊地淳チームリーダー、
坪井裕理テクニカルスタッフⅠと、
バイオリソースセンター疾患モデル
評価研究開発チームの野田哲生
チームリーダー、茂木浩未開発研究員らの
共同研究チーム※は新たな
代謝バイオマーカー[1]探索法を
開発しました。
 
 ヒトをはじめとするさまざまな生物の
「健康」は、代謝バランスの恒常性の
維持によって保たれています。
 
 近年、こうしたエネルギー代謝を含む
生体反応の全体像を把握する
メタボノミクス[2]は生体内にとどまらず
生態学、環境科学にまで利用されて
います。
 
 メタボノミクスが扱う膨大な
代謝データの中から代謝バランスの
恒常性を客観的に評価するには、
その膨大なデータを解析し、
最適な代謝バイオマーカーを探索する
技術が不可欠です。
 
 この解析には従来、多変量解析[3]が
有効とされていました。
 
 しかし、多変量解析では事前に
コンポーネント数を設定[4]する必要が
あります。
 
 この設定を間違えると正しい結果が
得られませんが、数多く提案されている
コンポーネント数の決定方法のうち、
現状では決定的なものはありません。
 
 共同研究チームは、
繰り返し最小二乗法・多変量波形分解法
(MCR-ALS法)[5]に着目し、
「コンポーネント数を決めないと
解析できない」という考えから離れ、
事前にコンポーネント数を設定する
ことなく信頼性のあるコンポーネントを
決定する「クラスター支援MCR-ALS法
(Cluster-aided MCR-ALS法)」を
開発しました。
 
 濃度が分かっている物質の混合液の
NMR[6]データを使って検証した結果、
開発した方法が実用に耐えることを
確認しました。
 
 さらに、高脂肪食を与えたマウスや
加齢マウスの尿・糞のNMRデータを
解析した結果、従来法と比べて高精度
であり代謝変動を示す物質数が増えること
や、これまでに報告されていた知見と、
より良く対応することが分かりました。
 
 クラスター支援MCR-ALS法は、
情報量にかかわらず、信頼性のある
コンポーネントを選び出すことが
できます。
 
 したがって、情報量の少ない、
わずかな変化しか持たない病気の
発症シグナルから代謝バイオマーカーを
見けることが可能になります。
 
 また、生物の健康という曖昧な情報を
数値化し評価することが可能になるため、
体重や栄養といった日常的に記録できる
データや、病院での診断情報などと
統合・解析することで、
社会基盤・生活全体を見直しQOLの向上に
貢献することが期待できます。
 
 本研究成果は、国際科学雑誌
『Scientific Reports』オンライン版
(11月4日付け:日本時間11月4日)に
掲載されます
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
>生物の健康という曖昧な情報を
>数値化し評価することが可能
>になるため、体重や栄養といった
>日常的に記録できるデータや、
>病院での診断情報などと統合・解析
>することで、社会基盤・生活全体を
>見直しQOLの向上に貢献することが
>期待できます。
 
 私がいつも大切にしたいQOLの向上に
貢献できると言っています。
 
 こういった曖昧な情報を定量化出来る
というのは素晴らしい。
 
 おおいに期待したい。

|

« はやぶさ2、順調に飛行 最初の軌道修正に成功 | トップページ | 細胞まるごと三次元画像データの自動解析法を開発-画像処理と数理計算の融合により巨大データを精密に解く新手法ー »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62624805

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな代謝バイオマーカー探索法を開発-わずかな代謝バランスの変動を検知する新手法-:

« はやぶさ2、順調に飛行 最初の軌道修正に成功 | トップページ | 細胞まるごと三次元画像データの自動解析法を開発-画像処理と数理計算の融合により巨大データを精密に解く新手法ー »