« 重力波望遠鏡「かぐら」完成 岐阜・神岡、直接観測に挑む | トップページ | 自己免疫疾患を防ぐ遺伝子Fezf2の発見~Fezf2は自己抗原の発現を制御し免疫寛容を成立させる~ »

2015年11月 7日 (土)

具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ?

2015年11月5日 T-SITE
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 すべてのひとに等しく与えられる
「時間」。
 
 日によって長さが変わるはずもない
のに、つらいときは長く、
楽しい時間はあっという間に過ぎるのは
なぜか?
 
 ひとの時間感覚は代謝に比例し、
激しいときは実際よりも速く進む。
 
 病気のときは長時間苦しんだように
感じ、逆にリラックスしていると
時の進みを速く感じてしまうのは
代謝の増減が影響だ。
 
 「歳をとると時間が速く感じる」
も科学的に正で、細胞レベルで
タイマーが遅くなってしまうので、
あっという間に1年経った!
は本当の話なのだ。
 
 
■まとめ
・人間の「感覚的な時間」は、代謝が
 向上すると速く、悪くなると
 ゆっくりに感じる
 
 ・発熱しているひとは、ほぼ2倍も長く
 感じる実験データあり
 
 ・年齢とともに「体内タイマー」が
 遅くなるので、ときが速く感じるのは
 科学的に当然
---------------------------------------
 
>体温が上がると1日が長くなる!
 らしい。
 
>年齢とともに遅くなる自分時計
 そうなんですかね~
 
 確かに、最近は時間の流れが速い。
 
 一日、一日を意識して過ごさないと
あっという間に時間が過ぎ去って
しまう。

|

« 重力波望遠鏡「かぐら」完成 岐阜・神岡、直接観測に挑む | トップページ | 自己免疫疾患を防ぐ遺伝子Fezf2の発見~Fezf2は自己抗原の発現を制御し免疫寛容を成立させる~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62631233

この記事へのトラックバック一覧です: 具合が悪いと「時間」が長く感じるのはナゼ?:

« 重力波望遠鏡「かぐら」完成 岐阜・神岡、直接観測に挑む | トップページ | 自己免疫疾患を防ぐ遺伝子Fezf2の発見~Fezf2は自己抗原の発現を制御し免疫寛容を成立させる~ »