« 宇宙から地球を「健康診断」 CO2や水分を衛星で観測 | トップページ | NIMSと九州大学の研究チームは、高品質・低価格でモノシリコンを育成できる新しい鋳造法「シングルシードキャスト法」を開発しました。 »

2015年11月 2日 (月)

腫瘍細胞における薬剤耐性メカニズムを解明したという、ガン治療のややこしい発見

2015年10月31日 FUTURUS
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 細胞の修復機能が却ってガンの治療薬の
効果を妨げているという、ややこしい話が
MITから発表された。
---------------------------------------
 
 なかなか興味深い話しです。
 「がん」を退治するのは難しい。
 
>結局出された結論は、『Gadd45』と
>『P27』の『mRNA』の濃度を測定する
>ことで、その患者に化学療法が
>効果的かどうかが予測できるように
>なる、ということだった。
 なかなか難しそう。
 
 今後の研究に期待します。

|

« 宇宙から地球を「健康診断」 CO2や水分を衛星で観測 | トップページ | NIMSと九州大学の研究チームは、高品質・低価格でモノシリコンを育成できる新しい鋳造法「シングルシードキャスト法」を開発しました。 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62598925

この記事へのトラックバック一覧です: 腫瘍細胞における薬剤耐性メカニズムを解明したという、ガン治療のややこしい発見:

« 宇宙から地球を「健康診断」 CO2や水分を衛星で観測 | トップページ | NIMSと九州大学の研究チームは、高品質・低価格でモノシリコンを育成できる新しい鋳造法「シングルシードキャスト法」を開発しました。 »