« 夢のスイッチが見つかった!? 日本の最新研究が明らかにしたレム睡眠の「謎」 | トップページ | 工学院が開発したリアルタイム処理可能な超解像技術、富士通がスマホに搭載 »

2015年11月24日 (火)

妊娠中の脂質摂取バランスが、仔マウスの脳形成と情動に影響を与える―東北大・大隅典子氏ら

―東北大・大隅典子氏ら
2015年11月23日 財経新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考情報です。
 
>油を制するものは油だけ!?
 だそうです。
 
 一応知識として知っておいた方が
良さそうなので紹介しておきます。
 
>日本ではオメガ3を豊富に含む
>魚介類を頻繁に食べていること
>などから、現在のところ
>オメガ6過多/オメガ3欠乏状態は
>報告されていないが、
>近年では欧米型の食事の増加や
>魚離れが見られることから、
>今後は日本でも
>オメガ6過多/オメガ3欠乏が起こる
>おそれもある。
>研究グループは、今回の研究が、
>食生活が見直される端緒になりえる
>としている。
 
 関連リンク
Big Smile Web

|

« 夢のスイッチが見つかった!? 日本の最新研究が明らかにしたレム睡眠の「謎」 | トップページ | 工学院が開発したリアルタイム処理可能な超解像技術、富士通がスマホに搭載 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠中の脂質摂取バランスが、仔マウスの脳形成と情動に影響を与える―東北大・大隅典子氏ら:

« 夢のスイッチが見つかった!? 日本の最新研究が明らかにしたレム睡眠の「謎」 | トップページ | 工学院が開発したリアルタイム処理可能な超解像技術、富士通がスマホに搭載 »