« 武田薬品: 多発性硬化症治療剤「コパキソンR皮下注20mgシリンジ」の日本における製造販売承認取得について | トップページ | 謎だった肝臓の「幹細胞」が見つかった、米国スタンフォード大学が報告 »

2015年10月 1日 (木)

手がなかった「皮膚T細胞リンパ腫」ゲルで治癒、東大や米国ハーバード大学などから発表

塗り薬「レシキモド」が威力を発揮
2015年8月15日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 手のなかった「皮膚T細胞リンパ腫」
と呼ばれる皮膚にできる血液のがんの一つ
が、塗り薬で完全に治る可能性が
出てきた。
 
 米国ハーバード大学、東京大学を含む
研究グループがこのたび発表した。
 
 「他の治療法では効果が見られなかった
人に希望を与える」と研究グループは
指摘する。
 
 皮膚T細胞リンパ腫は
非ホジキンリンパ腫という悪性リンパ腫
の中でもまれなタイプ。
---------------------------------------
 
 朗報です。
>なかなか治療の開発が
>進みにくかった病気としては朗報。
 
 東大も関与しているということで、
期待したいですね。

|

« 武田薬品: 多発性硬化症治療剤「コパキソンR皮下注20mgシリンジ」の日本における製造販売承認取得について | トップページ | 謎だった肝臓の「幹細胞」が見つかった、米国スタンフォード大学が報告 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62388576

この記事へのトラックバック一覧です: 手がなかった「皮膚T細胞リンパ腫」ゲルで治癒、東大や米国ハーバード大学などから発表:

« 武田薬品: 多発性硬化症治療剤「コパキソンR皮下注20mgシリンジ」の日本における製造販売承認取得について | トップページ | 謎だった肝臓の「幹細胞」が見つかった、米国スタンフォード大学が報告 »