« 脳内に新たな生理活性物質『トリサルファイド』を世界で初めて発見 | トップページ | 乳がんの新薬につながるか、血管のタンパク質「ALK1」が転移やその後を左右すると確認 新しい分子標的薬のターゲットにも »

2015年10月13日 (火)

神経ペプチド受容体を介したヒト免疫応答調節の新たな制御メカニズムを解明-北大

2015年10月09日 qlifepro
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 北海道大学は10月7日、同大学遺伝子病
制御研究所の北村秀光准教授らの
共同研究グループが、神経ペプチドの
受容体を介したヒト樹状細胞の
新たな活性化メカニズムを解明したと
発表した。
 
 この研究成果により、樹状細胞における
神経ペプチドのシグナル伝達経路を
遮断することで過剰な免疫応答を抑制し、
喘息患者の病態改善や慢性化・重篤化の
予防が可能と考えられ、
今後は新しい難治性炎症性疾患の
治療法開発への応用も期待される。
 
 なお、同研究成果は
「Journal of Allergy and Clinical
 Immunology 」オンライン版に
9月12日付けで掲載されている。
---------------------------------------
 
 免疫応答は複雑ですね。
 
>この研究成果により、
>樹状細胞における神経ペプチドの
>シグナル伝達経路を遮断することで
>過剰な免疫応答を抑制し、
>喘息患者の病態改善や慢性化・重篤化
>の予防が可能と考えられ、
>今後は新しい難治性炎症性疾患の
>治療法開発への応用も期待される。
 
 喘息関連投稿です。
 過剰な免疫応答を押さえるのは難し
そうですね。
2015年7月28日
 
 いろいろありそうですが、臨床まで
なかなか行き着かない。

|

« 脳内に新たな生理活性物質『トリサルファイド』を世界で初めて発見 | トップページ | 乳がんの新薬につながるか、血管のタンパク質「ALK1」が転移やその後を左右すると確認 新しい分子標的薬のターゲットにも »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62466563

この記事へのトラックバック一覧です: 神経ペプチド受容体を介したヒト免疫応答調節の新たな制御メカニズムを解明-北大:

« 脳内に新たな生理活性物質『トリサルファイド』を世界で初めて発見 | トップページ | 乳がんの新薬につながるか、血管のタンパク質「ALK1」が転移やその後を左右すると確認 新しい分子標的薬のターゲットにも »