« アルツハイマー病進行に新説 異常の「タネ」、正常型を変換? | トップページ | がん転移に対する新規治療法の開発~次世代型抗体開発技術キャスマブ法の応用~ »

2015年10月25日 (日)

睡眠が細胞の“記憶力”を高め、風邪をひきにくい体にしてくれることが明らかに

2015年10月06日 irorio
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 睡眠が脳の長期記憶を形作るのに
役立つことは指摘されてきたが、
免疫細胞の記憶まで高めているという
研究結果が発表された。
 
 今回、ワクチン接種したあと
に深い眠りの状態、ノンレム睡眠に陥った
場合、メモリーT細胞内で情報が増加して
いることが明らかとなった。
---------------------------------------
 
 睡眠が免疫細胞の記憶まで高めている
可能性があるようです。
 
 良い睡眠は健康に役立つと言って
良いのかな?
 
 今後の研究に注目しましょう。

|

« アルツハイマー病進行に新説 異常の「タネ」、正常型を変換? | トップページ | がん転移に対する新規治療法の開発~次世代型抗体開発技術キャスマブ法の応用~ »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠が細胞の“記憶力”を高め、風邪をひきにくい体にしてくれることが明らかに:

« アルツハイマー病進行に新説 異常の「タネ」、正常型を変換? | トップページ | がん転移に対する新規治療法の開発~次世代型抗体開発技術キャスマブ法の応用~ »