« 肝星細胞が肝臓の炎症を制御していることを解明-京大 | トップページ | アルツハイマー病進行に新説 異常の「タネ」、正常型を変換? »

2015年10月23日 (金)

多能造血前駆細胞を無限に増幅させる方法を開発-血液のもととなる造血幹細胞移植への応用が可能-

2015年10月23日 理化学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 理化学研究所(理研)統合生命医科学
研究センター 融合領域リーダー育成
(YCI[1])プログラムの伊川友活
上級研究員、京都大学再生医科学研究所
再生免疫学教室の河本宏教授らの
共同研究チーム※は、多能造血前駆細胞
[2]を生体外で増幅させる新しい培養方法
を開発することに成功しました。
 
 血液のもととなる造血幹細胞[2]は
成体では骨髄に存在し、赤血球や血小板、
白血球[3](免疫細胞)などの血液細胞
を作ります。
 
 これまで、生体外で造血幹細胞を
増幅させる方法が盛んに研究されて
いますが、実用的な方法は確立されて
いませんでした。
 
 2004年、伊川上級研究員らは転写因子
E2A[4]を欠損させたマウスを使った実験
により、E2Aを欠損するとB細胞の分化が
初期段階で停止し、B前駆細胞が多能性を
もつ造血前駆細胞(多能造血前駆細胞)
としての特徴を示すことを報告しました。
 
 この知見からE2Aの機能を阻害すること
により、多能造血前駆細胞の人為的な
増幅が可能であると考えました。
 
 共同研究チームはE2Aの働きを一時的に
阻害するために、E2Aの阻害タンパク
であるIdタンパク[5]を用いました。
 
 Idタンパクの1つであるId3を
レトロウイルスベクター[6]を用いて
マウスの造血幹細胞群へ導入しました。
 
 続いて、B細胞への分化を誘導する
条件下でこれらの細胞を培養すると、
前駆細胞段階で分化が停止し、
多能造血前駆細胞が増幅(自己複製)する
ことが明らかとなりました。
 
 この細胞は約1ヶ月で1万倍にまで
増殖し、培養を続ける限り増え続け
ました。
 
 また、この前駆細胞をマウスに移植する
とリンパ球や顆粒球など様々な白血球を
作りました。
 
 さらに、同様の方法を用いて
ヒトの臍帯(さいたい)血[7]の
多能造血前駆細胞を増幅することにも
成功しました。
 
 共同研究チームはこの細胞を、
主に白血球を作り出す幹細胞という意味
でiLS(人工白血球幹)細胞と
名づけました。
 
 iLS細胞は赤血球や血小板は
あまり作らず、生体内では自己複製
しないので、造血幹細胞とは異なります。
 
 しかし、体外で無限に増やせる特性を
利用すれば、がんに対する免疫細胞療法
への応用などが期待できます。
 
 本研究は、米国の科学雑誌
『Stem Cell Reports』オンライン版
(10月22日付け:日本時間10月23日)
に掲載されます。
---------------------------------------
 
 これは素晴らしい成果です。
 
>今回開発した方法は、免疫細胞を用いた
>細胞療法などに応用できると
>考えられます。
 
>例えば、患者の造血前駆細胞から
>iLS細胞を作製できれば、がん抗原を
>発現する樹状細胞や、がん抗原特異的な
>キラーT細胞を大量に作製する事が
>容易になります。
 
 まだ克服する課題があるようですが、
 
>今回の成果は、単に分化を停止させる
>だけでその前駆細胞に自己複製能を
>付与できることを示しました。
>同様の方法を用いて他の組織においても
>幹細胞を増幅できるのではないかと
>考えられます。
 可能性ありですね。
 
 今後の発展におおいに期待したい。

|

« 肝星細胞が肝臓の炎症を制御していることを解明-京大 | トップページ | アルツハイマー病進行に新説 異常の「タネ」、正常型を変換? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62533588

この記事へのトラックバック一覧です: 多能造血前駆細胞を無限に増幅させる方法を開発-血液のもととなる造血幹細胞移植への応用が可能-:

« 肝星細胞が肝臓の炎症を制御していることを解明-京大 | トップページ | アルツハイマー病進行に新説 異常の「タネ」、正常型を変換? »