« 植物を丸ごと透明化し、中まで観察する新技術を開発~解剖することなく、植物の内部を細胞レベルで蛍光観察~ | トップページ | 腫瘍免疫応答を高感度に定量評価する技術開発に成功~がん免疫治療の実用化を加速する診断薬に~ »

2015年10月29日 (木)

自然免疫応答を発動する新分子「Sherpa」を発見 昆虫モデルから見えた新たな免疫制御メカニズム

平成27年10月28日
東北大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学 大学院薬学研究科の
倉石 貴透 元助教
(現:慶應義塾大学 医学部
微生物学・免疫学教室 専任講師)と
倉田 祥一朗 教授らの研究グループは、
ショウジョウバエの自然免疫経路である
Toll(トール)経路の新規の
細胞内シグナル伝達注1)因子
Sherpa(シェルパ)の同定に
成功しました。
 
 ヒトやショウジョウバエを含むすべての
多細胞生物は、細菌やウイルスなどの
感染から身を守るため自然免疫という
メカニズムを備えています。
 
 ショウジョウバエでは、カビなどの
感染時にToll経路が活性化することで
自然免疫が発動します。
 
 しかし、細胞内でToll経路が
活性化される仕組みはまだ充分に
解明されていませんでした。
 
 本研究グループは、Toll経路の
解析に適した培養細胞を見いだして
ショウジョウバエの全遺伝子を対象に
網羅的に探索し、Toll経路活性化に
必須の新たな遺伝子「Sherpa」を
見いだしました。
 
 Sherpaに類似した遺伝子は
ヒトにも存在していることから、
自然免疫を活性化する新たなメカニズムが
提唱されると期待されます。
 
 この成果は、
平成27年10月27日14時
(アメリカ東部時間、
日本時間10月28日3時)に、
「Science Signaling」
誌電子版に掲載予定です。
---------------------------------------
 
>細胞内でToll経路が活性化される
>仕組みはまだ充分に解明されて
>いませんでした。
 
 自然免疫のしくみはかなり解明されて
来ていると思っていたのですが、
まだ未解明の部分があるのですね。
 
>今回の知見をもとに、ヒトやマウスの
>Sherpa遺伝子による、
>自然免疫系の新たな活性化メカニズムが
>明らかになることが期待されます。
 
 さらに解明がすすむことに期待したい。
 
 自然免疫の力は思っている以上に
大きいものらしいですから、

|

« 植物を丸ごと透明化し、中まで観察する新技術を開発~解剖することなく、植物の内部を細胞レベルで蛍光観察~ | トップページ | 腫瘍免疫応答を高感度に定量評価する技術開発に成功~がん免疫治療の実用化を加速する診断薬に~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62572094

この記事へのトラックバック一覧です: 自然免疫応答を発動する新分子「Sherpa」を発見 昆虫モデルから見えた新たな免疫制御メカニズム:

« 植物を丸ごと透明化し、中まで観察する新技術を開発~解剖することなく、植物の内部を細胞レベルで蛍光観察~ | トップページ | 腫瘍免疫応答を高感度に定量評価する技術開発に成功~がん免疫治療の実用化を加速する診断薬に~ »