« HIV-1 の感染様式を定量化!-数学と実験の融合研究で新しい抗ウイルス薬開発を加速- | トップページ | 高脂血症治療薬スタチンが急性腎障害を軽減するメカニズムを解明-iPS細胞の誘導因子KLF4の新たな作用を発見- »

2015年10月20日 (火)

抗酸化サプリにがん転移促進作用か、マウス実験 米研究

2015年10月15日 AFP BBNews
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 健康促進と老化の抑制に効果がある
とされる抗酸化サプリメントだが、
14日に発表された研究論文で、皮膚がんの
中で最も死亡率が高い悪性黒色腫
(メラノーマ)の転移を助ける恐れがある
ことが指摘された。
 
 英科学誌ネイチャー(Nature)に
発表された今回の論文によると、
マウスを使った実験は、抗酸化作用のある
N-アセチルシステイン(NAC)を注射した
マウスの一部に、悪性黒色腫細胞の
転移が、注射していないマウスに比べて
2か月ほど早い個体が確認されたという。
 
 今回の研究をめぐっては、まだ臨床研究
の段階にはないが、研究チームは、
がん患者は日々の栄養を抗酸化作用のある
サプリで補うべきではないとしている。
---------------------------------------
 
 要注意ですね。
 
 最近この種の論文がいろいろ出ている
ようです。

|

« HIV-1 の感染様式を定量化!-数学と実験の融合研究で新しい抗ウイルス薬開発を加速- | トップページ | 高脂血症治療薬スタチンが急性腎障害を軽減するメカニズムを解明-iPS細胞の誘導因子KLF4の新たな作用を発見- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62513819

この記事へのトラックバック一覧です: 抗酸化サプリにがん転移促進作用か、マウス実験 米研究:

« HIV-1 の感染様式を定量化!-数学と実験の融合研究で新しい抗ウイルス薬開発を加速- | トップページ | 高脂血症治療薬スタチンが急性腎障害を軽減するメカニズムを解明-iPS細胞の誘導因子KLF4の新たな作用を発見- »