« 光ファイバの最大伝送容量の世界記録を更新、2.15ペタビット毎秒を達成 | トップページ | 神経難病「多発性硬化症」の慢性炎症に関わる新しいリンパ球を発見 »

2015年10月 6日 (火)

遺伝性の小脳性運動失調症にリルゾールが有効 ランダム化比較試験により検証

2015年10月4日 MEDLEY
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 今回は、脊髄小脳変性症と
フリードライヒ運動失調症の患者に、
筋萎縮性側索硬化症の治療薬
リルゾールが1年間にわたって有効
であるか検証しました。
 
 リルゾールを用いて治療した群のほう
が、運動失調の症状や動作能力が改善した
人の割合が多いという結果でした。
---------------------------------------
 
 関連投稿です。
2010年6月30日
 
 この記事を見ていると、
 
>一網打尽を目指したすごい作戦
 
>問題もあるが,入念に病態機序を考えて
>動物モデルを作ってもなかなか臨床応用
>につながっていない現状を考えると
>期待をしたくなるアプローチである.
 
>少ない症例数でもアイデアによっては
>このような臨床研究が可能であることを
>教えてもらった点で印象に残った
>論文だ.
 と言っています。
 
 本当に臨床の場まで来るのかどうかは
微妙な所です。
 
 良いニュースが少なくて困ってしまう。
 無いに等しい。

|

« 光ファイバの最大伝送容量の世界記録を更新、2.15ペタビット毎秒を達成 | トップページ | 神経難病「多発性硬化症」の慢性炎症に関わる新しいリンパ球を発見 »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62421235

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝性の小脳性運動失調症にリルゾールが有効 ランダム化比較試験により検証:

« 光ファイバの最大伝送容量の世界記録を更新、2.15ペタビット毎秒を達成 | トップページ | 神経難病「多発性硬化症」の慢性炎症に関わる新しいリンパ球を発見 »