« 植物性乳酸菌「ラブレ菌」のナノ化(粒子径1.0μm未満)により、これまでより約5.5倍のインターフェロンα産生能の向上を確認 「免疫賦活剤」として日本国内で本年5月に特許を取得 | トップページ | 血液がんの治療に朗報、血液検査だけで「幹細胞」ドナー特定 »

2015年10月16日 (金)

ブタから人間に…臓器「異種移植」へ前進?

2015年10月14日 読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 ブタの臓器を人に移植する日が来る
かも知れませんね。

|

« 植物性乳酸菌「ラブレ菌」のナノ化(粒子径1.0μm未満)により、これまでより約5.5倍のインターフェロンα産生能の向上を確認 「免疫賦活剤」として日本国内で本年5月に特許を取得 | トップページ | 血液がんの治療に朗報、血液検査だけで「幹細胞」ドナー特定 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブタから人間に…臓器「異種移植」へ前進?:

« 植物性乳酸菌「ラブレ菌」のナノ化(粒子径1.0μm未満)により、これまでより約5.5倍のインターフェロンα産生能の向上を確認 「免疫賦活剤」として日本国内で本年5月に特許を取得 | トップページ | 血液がんの治療に朗報、血液検査だけで「幹細胞」ドナー特定 »