« 多言語音声翻訳アプリ“VoiceTra”(ボイストラ)が進化 | トップページ | IARCがレッドミート及び加工肉のがんリスクを発表…不安になる前にJPHCスタディを見よう »

2015年10月27日 (火)

多発硬化症患者を対象にした「ジレニア」の長期有効性をNEDA-4の解析で確認-スイス・ノバルティス

-スイス・ノバルティス
2015年10月23日 qlifepro
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 長期投与の有効性を7年間にわたる解析
で確認
 
 スイスのノバルティス社は10月8日、
スイス本社が「ジレニア(R)」
(一般名:フィンゴリモド)に対する
第3相臨床試験「FREEDOMS」および
「FREEDOMS II」に関する新たな解析
により、長期有効性プロファイルが
強化されたと発表した。
 
 
関連リンク
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
>米国では成人のRMSの第一選択薬として、
>EUでは、少なくとも1種類のDMTによる
>治療にも関わらず疾患活動性が高いか、
>急速に進行する重症のRRMSで定義される
>成人の活動性の高いRRMSに対して
>承認されている
 ふ~ん。
 
 正しい判断をする為には、
副作用も含めて投薬は慎重に、
且つ、情報は出来るだけ多く
入手することです。
 
 もちろん信頼出来る医師のもとで、
ということになりますが、

|

« 多言語音声翻訳アプリ“VoiceTra”(ボイストラ)が進化 | トップページ | IARCがレッドミート及び加工肉のがんリスクを発表…不安になる前にJPHCスタディを見よう »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62559512

この記事へのトラックバック一覧です: 多発硬化症患者を対象にした「ジレニア」の長期有効性をNEDA-4の解析で確認-スイス・ノバルティス:

« 多言語音声翻訳アプリ“VoiceTra”(ボイストラ)が進化 | トップページ | IARCがレッドミート及び加工肉のがんリスクを発表…不安になる前にJPHCスタディを見よう »