« IARCがレッドミート及び加工肉のがんリスクを発表…不安になる前にJPHCスタディを見よう | トップページ | 植物を丸ごと透明化し、中まで観察する新技術を開発~解剖することなく、植物の内部を細胞レベルで蛍光観察~ »

2015年10月28日 (水)

iPS細胞から「人工腎臓」をつくりだす研究、また一歩前進

2015.10.25 wired.jp
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 人間の腎臓は非常に複雑に構成された
器官で、
1度機能しなくなると再生しない。
 
 今回オーストラリアの
マードック小児研究所の研究者チームが
ヒトiPS細胞を用いて、胚形成期の腎臓に
近い構造をつくり、
論文が『ネイチャー』誌に掲載された。
 
 再生医療で完全な臓器をつくるための、
非常に重要な一歩だ。
---------------------------------------
 
 Good Newsですね。
 
 先はまだまだ長いとは思うけれど、
進歩は一歩、一歩しか進まない。
 
 こう言う方向も注目したい。

|

« IARCがレッドミート及び加工肉のがんリスクを発表…不安になる前にJPHCスタディを見よう | トップページ | 植物を丸ごと透明化し、中まで観察する新技術を開発~解剖することなく、植物の内部を細胞レベルで蛍光観察~ »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62565925

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞から「人工腎臓」をつくりだす研究、また一歩前進:

« IARCがレッドミート及び加工肉のがんリスクを発表…不安になる前にJPHCスタディを見よう | トップページ | 植物を丸ごと透明化し、中まで観察する新技術を開発~解剖することなく、植物の内部を細胞レベルで蛍光観察~ »