« 99.99%が空気、「最軽量の金属」開発 米ボーイング | トップページ | 抗酸化サプリにがん転移促進作用か、マウス実験 米研究 »

2015年10月20日 (火)

HIV-1 の感染様式を定量化!-数学と実験の融合研究で新しい抗ウイルス薬開発を加速-

2015/10/07 九州大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 詳細は良く理解出来ませんが、
新しい試みです。
 
>-数学と実験の融合研究で
>新しい抗ウイルス薬開発を加速-
 
 素晴らしいと思います。
 科学において定量化(数式化)は
重要なことです。
 
 話しが変わりますが、人工音声も
定式化が貢献しているらしい。
 
 ある程度の人達の声を合わせて
平均声というものを作成
(これも数式化する)して、
それを変換関数?を使って
目的の人口音声を作成すると言う話し
を、この前テレビでやっていました。
 
 声を失った人のサポートがここまで
出来るようになった。
 素晴らしいと思いました。
 
 以前は本人の声のサンプルが必須
だっと思います。
 
 音声合成も進歩しているのですね。
 そこには数学が絡んでいる。

|

« 99.99%が空気、「最軽量の金属」開発 米ボーイング | トップページ | 抗酸化サプリにがん転移促進作用か、マウス実験 米研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62513541

この記事へのトラックバック一覧です: HIV-1 の感染様式を定量化!-数学と実験の融合研究で新しい抗ウイルス薬開発を加速-:

« 99.99%が空気、「最軽量の金属」開発 米ボーイング | トップページ | 抗酸化サプリにがん転移促進作用か、マウス実験 米研究 »