« 電力のロス減らす 「直流給電」いよいよ実用化 | トップページ | 米国のトランスレーショナル・リサーチの現場で学んだこと »

2015年10月 8日 (木)

東大など、単一光子源方式で従来比2倍となる120kmの量子暗号鍵伝送に成功

2015/09/28 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京大学(東大) ナノ量子
情報エレクトロニクス研究機構、
富士通研究所、NECの3者は9月28日、
共同で単一光子源を組み込んだシステムで
世界最長となる120kmの量子暗号鍵伝送に
成功したと発表した。
 
 同成果は、東大の荒川泰彦教授ら、
富士通研、NECの研究グループによる
もの。
 
 詳細は9月25日発行の
「Scientific Reports」(電子版)に
掲載された。
 
 なお3者は、今後、単一光子源を含めた
システムの小型化および高速化を進め、
2020年以降に主要都市圏をカバーする
盗聴不可能な高セキュア通信の実現を
目指すとしている。
---------------------------------------
 
 「120kmの量子暗号鍵伝送に成功」とは
すごいですね。
 
 なんでも盗聴される世の中ですから、
こういうシステムも必要なんでしょう。
 
 今後に期待します。

|

« 電力のロス減らす 「直流給電」いよいよ実用化 | トップページ | 米国のトランスレーショナル・リサーチの現場で学んだこと »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62435211

この記事へのトラックバック一覧です: 東大など、単一光子源方式で従来比2倍となる120kmの量子暗号鍵伝送に成功:

« 電力のロス減らす 「直流給電」いよいよ実用化 | トップページ | 米国のトランスレーショナル・リサーチの現場で学んだこと »