« シェーグレン症候群の口腔症状が低出力パルスで改善 | トップページ | 植物性乳酸菌「ラブレ菌」のナノ化(粒子径1.0μm未満)により、これまでより約5.5倍のインターフェロンα産生能の向上を確認 「免疫賦活剤」として日本国内で本年5月に特許を取得 »

2015年10月15日 (木)

「力」データ解析による不良品検出 食の安全・安心に貢献する「リーク検査機」を共同開発 10/13 (火)~16 (金) 「Japan Pack 2015」でプロトタイプ機を参考出品

2015/10/05
慶應義塾大学
株式会社 東京自働機械製作所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 慶應義塾大学理工学部 桂 誠一郎研究室
と株式会社東京自働機械製作所は、
食品包装のリーク(密封不完全)品を、
サーボモータが袋を押した時の
反力データを解析して瞬時に検出する
「リーク検査機」の共同開発に
成功しました。
 
 検証では直径800ミクロンのピンホールを
80個毎分相当の処理能力で検査することに
成功しており、これは従来技術の3分の1の
大きさに相当し、精度が格段に向上して
います。
 
 
プレスリリース全文は、以下を
ご覧ください。
 
---------------------------------------
 
 食の安全・安心に貢献しそうです。
 
>今後は実際の食品製造ラインにて、
>商品化に向けた検証を進めていく
>予定です。
 
 こう言う製品も必要と思います。
 期待して待ちましょう。

|

« シェーグレン症候群の口腔症状が低出力パルスで改善 | トップページ | 植物性乳酸菌「ラブレ菌」のナノ化(粒子径1.0μm未満)により、これまでより約5.5倍のインターフェロンα産生能の向上を確認 「免疫賦活剤」として日本国内で本年5月に特許を取得 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62479484

この記事へのトラックバック一覧です: 「力」データ解析による不良品検出 食の安全・安心に貢献する「リーク検査機」を共同開発 10/13 (火)~16 (金) 「Japan Pack 2015」でプロトタイプ機を参考出品:

« シェーグレン症候群の口腔症状が低出力パルスで改善 | トップページ | 植物性乳酸菌「ラブレ菌」のナノ化(粒子径1.0μm未満)により、これまでより約5.5倍のインターフェロンα産生能の向上を確認 「免疫賦活剤」として日本国内で本年5月に特許を取得 »