« 脊髄小脳変性症とトレハロース2 | トップページ | パーキンソン病の新たな発症メカニズムをモデル動物で初めて解明 »

2015年9月24日 (木)

神経変性疾患、とくに脊髄小脳失調症 (Spinocerebellar Ataxia; SCA)の 病態解明と治療法に関する研究

更新日時不明
群馬大学大学院 医学系研究科
脳神経再生医学分野 研究内容
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 纏め的な内容です。
 
 研究内容を概観することができます
ので、参照してください。
 ご参考です。
 
 「小脳変性症モデルマウスの運動失調の
著明改善」報告が 2008年で、その後
いくつか研究報告があるようです。
 
 「マーモセットを用いた前臨床試験」で
先端的治療法の客観的評価を行っている。
 とのことで、前進はしているようです。
 
 人への臨床試験はまだ先のようですね。
 
 順序はマウス→さる→人だと思うので、

|

« 脊髄小脳変性症とトレハロース2 | トップページ | パーキンソン病の新たな発症メカニズムをモデル動物で初めて解明 »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62344313

この記事へのトラックバック一覧です: 神経変性疾患、とくに脊髄小脳失調症 (Spinocerebellar Ataxia; SCA)の 病態解明と治療法に関する研究:

« 脊髄小脳変性症とトレハロース2 | トップページ | パーキンソン病の新たな発症メカニズムをモデル動物で初めて解明 »