« 血中乳酸値の制御メカニズムを解明~敗血症などの重篤な病態に対する新しい治療法の開発へ~ | トップページ | メディシノバーMN-001(タイペルカスト)の特発性肺線維症治療適応がFDAからファストトラック指定 »

2015年9月14日 (月)

がん治療に鎮痛薬の「アスピリン」脚光、免疫療法のパワーを劇的に高める可能性

ごく一般的な薬に思わぬ力
2015年9月13日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ごく一般的に使われている鎮痛薬である
「アスピリン」ががん治療において
注目されそうだ。
 
 がんの免疫療法の薬と一緒に使った
ところ、免疫療法の効果を劇的に
高められる可能性があると分かった。
 
 アスピリンは、免疫を邪魔する
プロスタグランジンE2を作り出す仕組みを
邪魔するところがポイントだ。
---------------------------------------
 
>免疫療法だけでは効果がなかった
>ものの、アスピリンを一緒に使った
>場合は約3分の1で腫瘍が縮小した。
 
 期待が持てそうです。
 
 意外に、既存薬が効果を発揮すると言う
話しがおおいです。
 
>有望な治療として関心を集めて
>くるかもしれない
 
 そうかも知れません。

|

« 血中乳酸値の制御メカニズムを解明~敗血症などの重篤な病態に対する新しい治療法の開発へ~ | トップページ | メディシノバーMN-001(タイペルカスト)の特発性肺線維症治療適応がFDAからファストトラック指定 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62278331

この記事へのトラックバック一覧です: がん治療に鎮痛薬の「アスピリン」脚光、免疫療法のパワーを劇的に高める可能性:

« 血中乳酸値の制御メカニズムを解明~敗血症などの重篤な病態に対する新しい治療法の開発へ~ | トップページ | メディシノバーMN-001(タイペルカスト)の特発性肺線維症治療適応がFDAからファストトラック指定 »