« 【生物工学】治療用タンパク質を脳内に送り込むペプチドの発見 | トップページ | 米FDA、再発性/難治性多発性骨髄腫患者に対する武田薬品のイキサゾミブに優先審査の指定を与える »

2015年9月20日 (日)

ヒト免疫抑制細胞の新しい分化・誘導メカニズムが明らかに

2015/9/16
北海道大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・IL-11 注 1によるヒト免疫抑制性細胞
 の分化・誘導に成功。
・STAT3 注 2の活性化を介した免疫抑制
 機能の制御メカニズムを解明。
・がん患者の免疫抑制状態を解除する
 新たながん免疫治療の進展に期待。
 
 
-----
研究成果の概要
 
 がんは医学の進歩により,生命予後の
著しい改善がなされてきましたが,
依然として日本人の死亡原因の一位です。
 
 そこで近年,既存の標準治療に加え,
数多くのがん免疫治療の研究・開発が
なされていますが,全ての患者さんを
救済するには至っていません。
 
 本研究で,IL-11 が大腸がんの
患者さんの腫瘍微小環境下で産生される
こと,STAT3 の活性化を介して免疫応答
を抑制する細胞を末梢血リンパ球より
分化・誘導することを新たに発見しました。
 
 したがって,IL-11-STAT3 の
シグナル伝達経路を阻害することで,
がん患者の免疫抑制状態の解除・改善が
可能と考えられ,今後,新しいがん免疫
治療法開発への応用も期待されます。
---------------------------------------
 
 がん免疫療法、大いに期待していますが、
なかなか広がりません。
 
 いろいろ有望そうなものがあるのですが、
これひとつ、というものは無いと思います
のでいろいろ出てくるのは望ましいこと。
 
 「がん」は巧妙です。
 
>IL-11 依存的な STAT3 の活性化の
>阻害をターゲットとした,より効果の
>高い,新たながん免疫治療法への応用が
>期待されます。
 
 期待しています。

|

« 【生物工学】治療用タンパク質を脳内に送り込むペプチドの発見 | トップページ | 米FDA、再発性/難治性多発性骨髄腫患者に対する武田薬品のイキサゾミブに優先審査の指定を与える »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62316731

この記事へのトラックバック一覧です: ヒト免疫抑制細胞の新しい分化・誘導メカニズムが明らかに:

« 【生物工学】治療用タンパク質を脳内に送り込むペプチドの発見 | トップページ | 米FDA、再発性/難治性多発性骨髄腫患者に対する武田薬品のイキサゾミブに優先審査の指定を与える »