« 日本は難民に最も冷たい国? | トップページ | 合成天然ゴムをバイオマスから作る、細胞設計技術で2020年代前半に実用化 »

2015年9月11日 (金)

卵巣がんで新治療薬の効果確認 京大研究グループ

京大研究グループ
2015年9月9日 NHK NEWS web
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ヒトの体内に出来たがん細胞は、特殊な
信号を出して免疫による攻撃を受けない
ようにしていますが、この信号を遮断する
新しいタイプの治療薬を卵巣がんの患者
20人に投与したところ、半数近くで
がんがなくなったり、進行が止まったり
する効果が確認されたと京都大学の
研究グループが発表しました。
 
 この臨床研究は、京都大学の
濱西潤三助教などのグループが
「抗PD-1抗体薬」という
新しいタイプの治療薬を使って行いました。
---------------------------------------
 
 チェックポイント阻害剤というもの
ですね。
 
>20種類以上のがんについて
>世界各地で臨床試験が行われている
>ということです。
 
>濱西助教は、「高い効果が確認され
>とても驚いた。
>新たな治療法として期待できる」
>と話しています。
 
 万能ということは無いと思いますが、
正にブロックバスター。
 
 期待したい。

|

« 日本は難民に最も冷たい国? | トップページ | 合成天然ゴムをバイオマスから作る、細胞設計技術で2020年代前半に実用化 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62260179

この記事へのトラックバック一覧です: 卵巣がんで新治療薬の効果確認 京大研究グループ:

« 日本は難民に最も冷たい国? | トップページ | 合成天然ゴムをバイオマスから作る、細胞設計技術で2020年代前半に実用化 »