« 風力発電総設備容量293万キロワットに 世界全体の0.8% | トップページ | 「アンモニア合成法 一世紀越しの発明を生んだ背景」 »

2015年9月25日 (金)

再生腎臓:排尿成功 ラット実験 「10年以内、人へ応用」 慈恵医大など

2015年09月23日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 動物の体内で成長させた再生腎臓から、
尿を体外に排出させる実験に成功したと、
東京慈恵会医科大の横尾隆教授
(腎臓再生学)らのチームが、
米科学アカデミー紀要に発表した。
 
 これまで、腎臓の再生はできていたが、
排尿させることができなかった。
 
 チームは「腎臓の再生医療の人への
応用に向けた大きな一歩」と説明する。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 詳細はこちらから、
2015/09/22  東京慈恵会医科大学
明治大学
慶應義塾大学医学部
 
 人工透析を受けている国内の患者は
31万4180人。
 
 早く救われると良いですね。
  大変な負担なんですから、

|

« 風力発電総設備容量293万キロワットに 世界全体の0.8% | トップページ | 「アンモニア合成法 一世紀越しの発明を生んだ背景」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62349649

この記事へのトラックバック一覧です: 再生腎臓:排尿成功 ラット実験 「10年以内、人へ応用」 慈恵医大など:

« 風力発電総設備容量293万キロワットに 世界全体の0.8% | トップページ | 「アンモニア合成法 一世紀越しの発明を生んだ背景」 »