« 合成天然ゴムをバイオマスから作る、細胞設計技術で2020年代前半に実用化 | トップページ | 血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究 »

2015年9月12日 (土)

iPSから肝臓細胞、作製コスト半減 東大が手法

2015/9/11 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 様々な細胞に育つiPS細胞から肝臓の
細胞を低コストで作る手法を、東京大の
宮島篤教授らが開発した。
 
 肝臓細胞のもとになる細胞に育てた段階
で、効率よく集めて増殖させる。
 
 作製コストを従来の約半分にできる
という。
 
 肝前駆細胞は数百倍から千倍に
増やしても細胞の機能に問題はなく、
凍結保存できることも確かめた。
 
 肝前駆細胞からは成熟した肝臓細胞が
数日で作れるという。
---------------------------------------
 
>肝臓細胞は新薬候補物質の毒性などを
>調べるのに役立つ
 
 素晴らしい。
 
 目的とする細胞の作成効率が良くない
のが現実ですね。
 だからお金も時間も凄くかかる。
 
 更に良い方法が見つかると良いですね。

|

« 合成天然ゴムをバイオマスから作る、細胞設計技術で2020年代前半に実用化 | トップページ | 血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62266145

この記事へのトラックバック一覧です: iPSから肝臓細胞、作製コスト半減 東大が手法:

« 合成天然ゴムをバイオマスから作る、細胞設計技術で2020年代前半に実用化 | トップページ | 血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究 »