« iPSから肝臓細胞、作製コスト半減 東大が手法 | トップページ | 巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症を発見する新しい検査 »

2015年9月12日 (土)

血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究

2015年09月09日 AFP BBNews
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 米国の研究チームは8日、体内で拡散
するがん細胞を捕捉する極小の
体内埋め込み型医療機器(インプラント)
を開発したと発表した。
 
 現段階では、マウス実験で効果が
示されているという。
 
 血流に含まれる「血中循環腫瘍細胞
(CTC)」の早期発見は、診断と救命治療
を迅速化する可能性がある。
 
 だが、CTCはごく少数単位で、
多くの場合長期間にわたって血中を循環
してから新たな部位に定着するため、
発見することが非常に困難となっている。
 
 英科学誌
ネイチャー・コミュニケーションズ
(Nature Communications)に発表された
今回の研究は、CTCの捕捉が、がん細胞の
拡散とがんの転移を防ぐ助けになる
可能性を示唆したものだ。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 こちらの方が良さそうですが、
2015年6月 9日
 
 がんには転移がつきものと言って良い。
 だから早期発見が必須。
 
 期待したい。

|

« iPSから肝臓細胞、作製コスト半減 東大が手法 | トップページ | 巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症を発見する新しい検査 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62266214

この記事へのトラックバック一覧です: 血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究:

« iPSから肝臓細胞、作製コスト半減 東大が手法 | トップページ | 巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症を発見する新しい検査 »