« 血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究 | トップページ | 血中乳酸値の制御メカニズムを解明~敗血症などの重篤な病態に対する新しい治療法の開発へ~ »

2015年9月13日 (日)

巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症を発見する新しい検査

2015年8月1日 MEDLEY
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症
は、発熱や痛みの症状だけではほかの病気
と見分けにくいことがあります。
 
 オランダの研究班が診断に使える
血液中の物質を探したところ、3種類の
物質から正確な診断ができたことを
報告しました。
--------------------------------------
 
 少し進歩しそうです。
 
>ここで特定された物質が実際の診断に
>使えるかを決めるには、より多くの面
>から検討する必要があります。
>巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症
>を簡単に正しく診断することが
>できれば、早期治療に結び付くかも
>しれません。
 
 まだより多くの検討が必要だと言って
いますね。
 
 簡単に正しく診断することが出来る
ようになるよう期待したい。
 
 まだまだ診断に困る疾患がおおいので
このような研究も又必須です。

|

« 血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究 | トップページ | 血中乳酸値の制御メカニズムを解明~敗血症などの重篤な病態に対する新しい治療法の開発へ~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62271720

この記事へのトラックバック一覧です: 巨細胞性動脈炎とリウマチ性多発筋痛症を発見する新しい検査:

« 血中がん細胞をインプラントで捕捉、転移抑制に一助 米研究 | トップページ | 血中乳酸値の制御メカニズムを解明~敗血症などの重篤な病態に対する新しい治療法の開発へ~ »