« 次世代フライホイール蓄電システム実証試験施設が完成―大規模太陽光発電および電力系統との連系試験開始へ― | トップページ | ドローンがとらえた迫力の溶岩湖 バヌアツ »

2015年9月 7日 (月)

ゾウムシの「鼻」はなぜ長い?

2015/9/6 日本経済新聞
National Geographic
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 私には大変興味深い。
 
 どうしてゾウムシは、「昆虫の多様性を
象徴する虫」になったのだろうか?
 
 この記事を書いた作者のホームページ
http://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html
にこう言う文章がありました。
 
> "できるだけ多くの時間を人間が
> 創らなかったものに囲まれ生活して
> いくことは大切なこと。
 
> その環境は、私たち人間の脳で簡単に
> 理解できる世界ではなく、私たちは
> それにより考えさせられる他はない。
 
> この世を創ったのは私たちではない
> ことは知っている、しかし私たちは
> その一部である。
 
> 敬意と愛を持ちつつ、その一部で
> ありたい。"
 
 同感です。
 
 私たち人間は創るどころか破壊して
いる。
 
 私たち人間は一部のはずなのに、
そんなことをして良いのだろうか?
 
> 敬意と愛を持ちつつ、その一部で
> ありたい。
 と私も思う。

|

« 次世代フライホイール蓄電システム実証試験施設が完成―大規模太陽光発電および電力系統との連系試験開始へ― | トップページ | ドローンがとらえた迫力の溶岩湖 バヌアツ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62235093

この記事へのトラックバック一覧です: ゾウムシの「鼻」はなぜ長い?:

« 次世代フライホイール蓄電システム実証試験施設が完成―大規模太陽光発電および電力系統との連系試験開始へ― | トップページ | ドローンがとらえた迫力の溶岩湖 バヌアツ »