« 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと | トップページ | 世界初、空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット発売-大学発ベンチャーによる革新的手術支援ロボット- »

2015年9月 1日 (火)

光でナトリウムイオンを輸送するタンパク質の謎を解明~体内や環境中のイオン濃度を制御するツール開発に期待~

平成27年7月28日
名古屋工業大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 名古屋工業大学 大学院未来材料創成
工学専攻 ナノ・ライフ変換科学分野
およびオプトバイオテクノロジーセンター
の神取 秀樹 教授、井上 圭一 助教らの
グループは、光のエネルギーを使って
ナトリウムイオン(Na+)を細胞から
汲み出す新しいタンパク質
(ナトリウムポンプ型ロドプシン:NaR)
について、謎とされていたNa+の
輸送メカニズムの全体像を明らかに
しました。
 
 今回の発見をもとにタンパク質の
Na+輸送を制御できれば、脳神経研究
などの応用が可能になり、様々な
脳神経疾患へ治療法の開発に寄与すると
期待されます。
 
 また神取教授らはこれらの知見をもとに
Na+以外のイオンを輸送することにも
成功しており、将来的には光のエネルギー
を使って神経細胞からリチウムイオン
(Li+)を輸送する新しいうつ病の
治療法の開発や、環境中のセシウムイオン
(Cs+)などを除去する技術にも
つながる可能性があります。
 
 本研究の成果は、注目度の高い
欧州化学誌である
Angewandte Chemie
 International
 Edition誌のオンライン版に
近日中に掲載されることが決定して
います。
---------------------------------------
 
 これも素晴らしい成果のようです。
 
>今回の発見をもとにタンパク質のNa+
>輸送を制御できれば、脳神経研究などの
>応用が可能になり、様々な脳神経疾患へ
>治療法の開発に寄与すると期待されます。
 期待したい。
 
>将来的には光のエネルギーを使って
>神経細胞からリチウムイオン(Li+)
>を輸送する新しいうつ病の治療法の開発
>や、環境中のセシウムイオン(Cs+)
>などを除去する技術にもつながる
>可能性があります。
 こちらの可能性も期待したいですね。
 
 これからの話しになりますが、いろいろ
期待がもてそうです。

|

« 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと | トップページ | 世界初、空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット発売-大学発ベンチャーによる革新的手術支援ロボット- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62196814

この記事へのトラックバック一覧です: 光でナトリウムイオンを輸送するタンパク質の謎を解明~体内や環境中のイオン濃度を制御するツール開発に期待~:

« 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと | トップページ | 世界初、空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット発売-大学発ベンチャーによる革新的手術支援ロボット- »