« 「アンモニア合成法 一世紀越しの発明を生んだ背景」 | トップページ | 世界初:細胞凍結しないで保管「がん細胞バンク」創設へ »

2015年9月28日 (月)

「多くの人が最後の数日は苦しまずに亡くなっている」 NHK「老衰死」特集に救われる

2015.9.26 キャリコネニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考情報です。
 気になる人はどうぞ、
 
---------------------------------------
 マクルーリッチ教授は、老衰間際の
高齢者の脳は炎症や萎縮によって機能が
低下しているため、苦痛を感じることは
なくなっていると指摘する。
 
 「痛みというのは自分が怪我をして
対処する必要があると脳に伝えるための
もの。
 
 しかし、死が近づくとそのプロセスが
引き起こされない場合が多いようです。
 
 多くの人が最後の数日は痛みに
苦しむことなく亡くなっていると言って
よいと思います」
---------------------------------------
 
 最近、ちょっとこんなことが気に
なっていたんです。
 
 ちょっと安心しました。

|

« 「アンモニア合成法 一世紀越しの発明を生んだ背景」 | トップページ | 世界初:細胞凍結しないで保管「がん細胞バンク」創設へ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62369304

この記事へのトラックバック一覧です: 「多くの人が最後の数日は苦しまずに亡くなっている」 NHK「老衰死」特集に救われる:

« 「アンモニア合成法 一世紀越しの発明を生んだ背景」 | トップページ | 世界初:細胞凍結しないで保管「がん細胞バンク」創設へ »