« 「光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術を開発」 | トップページ | 難病患者に紙の手を! 難病対策の落とし穴を埋めるチャレンジ! »

2015年8月21日 (金)

がん細胞が消滅した人も確認、米国で開発中の新型免疫療法「TCR療法」とは?

治療困難な「多発性骨髄腫」で効果を発揮 
015年8月14日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 「多発性骨髄腫」という治療の
難しい血液のがんがある。
 
 このたび「TCR療法」と呼ばれる
新しいタイプの免疫療法が効果を上げた。
 
 がん細胞表面には、がんの目印となる
ような「がん抗原」というタンパク質が
出ている。
 
 このがん抗原にくっつくためにT細胞の
表面に飛び出すタンパク質を「TCR」と
呼ぶ。「T細胞受容体」を略した言葉だ。
 
 操作を受けたT細胞は、TCRでがん抗原を
がっちりつかみ、がん細胞を引き寄せて
破壊し殺す。これがTCR療法の真骨頂だ。
---------------------------------------
 
 この療法は以前にもあったような気が?
 
 いずれにしてもがん免疫療法は大きな
武器になりそうです。
 
 今後の研究に期待したい。

|

« 「光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術を開発」 | トップページ | 難病患者に紙の手を! 難病対策の落とし穴を埋めるチャレンジ! »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62125127

この記事へのトラックバック一覧です: がん細胞が消滅した人も確認、米国で開発中の新型免疫療法「TCR療法」とは?:

« 「光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術を開発」 | トップページ | 難病患者に紙の手を! 難病対策の落とし穴を埋めるチャレンジ! »