« 一寸の虫にも有用な酵素 | トップページ | 代謝を厳密に制御するマイクロRNAのユニークな機能を解明 »

2015年8月15日 (土)

マイクロRNA-634によるミトコンドリアを介したアポトーシス経路の活性化と化学療法の増強効果

-核酸抗がん薬候補となる
マイクロRNA-634を発見-
平成27年8月7日
東京医科歯科大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【ポイント】
 
・機能性小分子RNA であるマイクロRNA
 (microRNA; miR)は、標的遺伝子の
 発現を抑制する機能を持ち、そして、
 がん治療剤としての有用性が期待されて
 います。
 
・miR-634 は、ミトコンドリア機能維持
 および抗アポトーシスやオートファジー
 といった細胞生存・治療抵抗性に寄与
 する遺伝子群を同時に抑制すること
 により、効率的にアポトーシスを
 誘導することを見出しました。
 
・担癌モデルマウスへの miR-634 投与
 から、シスプラチンによる抗腫瘍効果を
 顕著に増強することが分かりました。
 
・これら発見は、核酸医薬としての
 miR-634 の投与は、抗がん剤の治療効果
 を最大限に引き出すための新たな
 治療戦略となることが期待されます。
 
 
-----
 東京医科歯科大学・難治疾患研究所
・分子細胞遺伝分野の井上純講師、
稲澤譲治教授らの研究グループは、
miR-634 の抗腫瘍効果の詳細な
分子メカニズムを解明し、がん治療剤
としての有用性を示すことに
成功しました。
 
 この研究は、文部科学省科学研究費
補助金、文部科学省新学術領域研究
「システム的統合理解に基づくがんの
先端的診断、治療、予防法の開発」
および「がんシステムの新次元俯瞰と
攻略」、国立研究開発法人 日本医療研究
開発機構 「オーダーメイド医療の
実現プログラム」および「次世代がん
研究シーズ戦略的育成プログラム」の
支援のもと遂行され、その研究成果は、
7月27日に国際科学雑誌 Cancer Research
で Online 発表されました。
---------------------------------------
 
 マイクロRNAの有用性については、
いろいろな分野で研究成果が出ています。
 
 これなどは、期待したい研究です。
 2015年8月 6日
 
 今回は、
>担癌モデルマウスへの miR-634 投与
>から、シスプラチンによる抗腫瘍効果を
>顕著に増強することが分かりました。
 とのこと。
 
 更なる研究に期待したい。

|

« 一寸の虫にも有用な酵素 | トップページ | 代謝を厳密に制御するマイクロRNAのユニークな機能を解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62086289

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロRNA-634によるミトコンドリアを介したアポトーシス経路の活性化と化学療法の増強効果:

« 一寸の虫にも有用な酵素 | トップページ | 代謝を厳密に制御するマイクロRNAのユニークな機能を解明 »