« スパコン電力効率ランキングで日本製がトップ3独占 | トップページ | 再生医療向け神経・心臓細胞、iPS使わず効率作製 東大など »

2015年8月 6日 (木)

京大iPS研:RNAでがん死滅 人工回路作製

2015年08月04日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大iPS細胞研究所は、遺伝子の
働きを調節する特定のリボ核酸(RNA)
を用いた「人工回路」を作製し、
がん化した細胞を死滅させる実験に
成功したと発表した。
 
 こうした回路を組み合わせることで、
がん化した細胞を除去する方法の開発
などにつながる可能性があるという。
 
 研究では、がん化した細胞を識別する
RNAと、細胞死を引き起こすRNAの
2種類を組み合わせて人工回路を作製。
 
 この回路をシャーレ上で子宮頸がんの
細胞に加えると、約6割が死滅したという。 
 斉藤教授は「今後は実際に目的の組織に
人工回路を運ぶ方法などが課題になる」と
話している。【川瀬慎一朗】
---------------------------------------
 
 RNAでがん死滅ね~
 興味深い研究ですね。
 
>今後は実際に目的の組織に人工回路を
>運ぶ方法などが課題になる
 難しそうな気がします。
 
 ドラッグデリバリーシステムはいろいろ
研究されているので思っているよりも
早く実用化出来るかな?
 
 期待したい。
 
 詳細リンクです。

|

« スパコン電力効率ランキングで日本製がトップ3独占 | トップページ | 再生医療向け神経・心臓細胞、iPS使わず効率作製 東大など »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62028929

この記事へのトラックバック一覧です: 京大iPS研:RNAでがん死滅 人工回路作製:

« スパコン電力効率ランキングで日本製がトップ3独占 | トップページ | 再生医療向け神経・心臓細胞、iPS使わず効率作製 東大など »