« 細胞レーザー | トップページ | ヒトiPS細胞由来の腎前駆細胞を使った細胞移植で急性腎障害(急性腎不全)のマウスに効果 »

2015年8月11日 (火)

スマホで開閉する鍵や電動一輪車…常識破りの逸品

2015/8/10 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ネット検索では決してたどり着けない、
「知らないけれど絶対欲しい製品」。
 
 そんな逸品を日経トレンディが総力を
挙げて発掘した。
 
 今回は、その中から常識破りの製品
として「スマートロック」と
「電動一輪車」を紹介する。
 
 創業メンバー全員が20代で、IT
(情報技術)企業やメーカー出身という
異色のベンチャー。
 
 鍵という最もアナログな世界に新風を
吹き込んだのが、フォトシンスだ。
 
 2015年4月に発売した「Akerun
(アケルン)」は、スマートフォン
(スマホ)を鍵として使える、世界初の
後付け型スマートロック。
 
 ブルートゥース経由でスマホ側で
アケルンを操作し、ドアの内側にある鍵を
施錠・解錠する。
 
■大人も熱中できる電動一輪車
 
 電動一輪車「Ninebot One
(ナインボット・ワン)」は、
前後の重心移動とハンドル操作だけで
誰でも簡単に乗れる「セグウェイ」
に対し、乗る人を選ぶ“じゃじゃ馬”だ。
---------------------------------------
 
 魅力的な製品ですね。
 電動一輪車は私には絶対無理ですけど、
健康体なら是非乗って見たい。
 
 やはり若いというのは素晴らしい。
 
 新しい発想というのは年齢を重ねると
出ないと思って良い。
 
 面白い製品です。今後に期待したい。

|

« 細胞レーザー | トップページ | ヒトiPS細胞由来の腎前駆細胞を使った細胞移植で急性腎障害(急性腎不全)のマウスに効果 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62060998

この記事へのトラックバック一覧です: スマホで開閉する鍵や電動一輪車…常識破りの逸品:

« 細胞レーザー | トップページ | ヒトiPS細胞由来の腎前駆細胞を使った細胞移植で急性腎障害(急性腎不全)のマウスに効果 »