« 非侵襲的大脳皮質刺激により痒み知覚が抑制される | トップページ | ダイキン、エアコンの技で挑むマイクロ水力発電 »

2015年8月19日 (水)

高齢者の衰え「フレイル」、運動や食事で予防・回復

2015/8/16 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 年を重ねるごとに筋肉が減り歩く速さが
遅くなる。
 
 次第に身体の活動水準も低下する。
 
 高齢者の衰弱はそのまま介護に向かう
状態と考えられてきたが、運動や食事など
積極的な対策によって予防や回復が可能と
受け止められるようになってきた。
 
 日本老年医学会が2014年に「フレイル」
という考え方を提唱し、従来の衰弱に
対する見方が変化し始めた影響が大きい。
---------------------------------------
 
 的確な対策を幅広い分野が結集して実施
すれば、
 
老化は、
>「いったん始まったらもう戻れない。
>そんな悪い印象を拭い去れたと思う」
 と言っています。
 
>フレイルを防ぎ健康を回復するには
>どうすればよいのだろうか。
>基本はやはり運動と食事だ。
 
 そうだと思います。
 
 広く社会で総合的に取り組むことが
大切なようです。

|

« 非侵襲的大脳皮質刺激により痒み知覚が抑制される | トップページ | ダイキン、エアコンの技で挑むマイクロ水力発電 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62114891

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者の衰え「フレイル」、運動や食事で予防・回復:

« 非侵襲的大脳皮質刺激により痒み知覚が抑制される | トップページ | ダイキン、エアコンの技で挑むマイクロ水力発電 »