« 冥王星を間近で観察 自宅のパソコンで「宇宙旅行」 | トップページ | 脳腫瘍の手術を安全で正確に、カラーマップで示す新たな画像診断技術を開発 »

2015年8月 2日 (日)

先端医療振興財団、アルツハイマー病の新たなターゲット分子を発見

2015年8月1日 財経新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 先端医療振興財団は28日、同財団の
星美奈子客員上席研究員らの研究グループ
が、アルツハイマー病の脳で起こる
神経細胞死の新たなターゲット分子を
発見したと発表した。
 
 これまで不明だった神経細胞死の
メカニズムがひとつ明らかになり、
アルツハイマー病治療薬の開発に役立つ
ことが期待されるという。
 
 この研究成果は
米国科学アカデミー紀要「PNAS」の
電子版に掲載された。
 
 星らの研究チームはこれまでに、
「アミロイドβ」が約 30 個集まって
直径10-15nm のサイズの球状構造を
取ることで強い神経毒性を持つように
なることを発見し、この新たな球状構造体
を「アミロスフェロイド
(amylospheroids、以下ASPD)」と
名付けた。
 
 さらに、ASPDを選択的に認識する抗体を
作製し、この抗体を用いることで、
アルツハイマー病患者脳内からASPDを
単離する方法を確立した。
 
 今回、これらの成果をさらに発展させる
ことで、神経細胞死におけるASPDの
ターゲットが、神経の生存と機能に極めて
重要な役割を果たしているシナプス
タンパク質「Na+、 K+-ATPaseポンプの
α3 サブユニット(以下 NAKα3)」
であることを初めて発見した。
 
 ASPD の結合により NAKα3 の機能が
低下し、神経細胞が過剰に興奮すること
で、神経細胞は死に至る。
 
 このような神経細胞の過剰興奮は、
アルツハイマー病患者脳で神経細胞死が
起きる初期の現象として報告されていた
が、そのメカニズムは不明だった。
 
 研究グループは、ASPD に結合する
4 アミノ酸のペプチドを発見し、
この ASPD 結合ペプチドが ASPD 表面を
覆い隠すことで、ASPD と NAKα3 との
相互作用を阻止し神経細胞死を抑制する
ことが出来ることも発見した。
 
 その結果、ASPD 結合ペプチドの
分子サイズは低分子化合物に匹敵するほど
小さく、アルツハイマー病で起こる
神経細胞死に対する新たな治療薬開発に
つながることが期待されるという。
---------------------------------------
 
 有望そうな発見ですね。
 
 アルツハイマー病は、なかなか決定的
な治療薬が出てこず、いまいちな状態
でしたがこれで一歩前進するかな?
 
 タウ蛋白の話しはどうなるのかな?
 
>臨床応用については、ASPD 自体を
>ワクチンとして用いる免疫療法、
>そして、ASPD結合ペプチドから
>低分子治療薬を開発する方法の
>主に2つの戦略について、京都大学発
>ベンチャーである
> TAO ヘルスライフファーマ株式会社
>において今後進めていく予定だという。
 
 期待したい。

|

« 冥王星を間近で観察 自宅のパソコンで「宇宙旅行」 | トップページ | 脳腫瘍の手術を安全で正確に、カラーマップで示す新たな画像診断技術を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62004558

この記事へのトラックバック一覧です: 先端医療振興財団、アルツハイマー病の新たなターゲット分子を発見:

« 冥王星を間近で観察 自宅のパソコンで「宇宙旅行」 | トップページ | 脳腫瘍の手術を安全で正確に、カラーマップで示す新たな画像診断技術を開発 »