« 「下流老人」 | トップページ | iPSから免疫細胞、マウスのがん縮小 東京大医科学研究所が成功 »

2015年8月28日 (金)

介護予防で保険料低く 自治体が対策、地域差3倍

2015/8/27 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 3年に1度の改定で今年度から65歳以上
の介護保険料が変更になった。
 
 保険料は自治体ごとに異なり、
9割の自治体で上昇し、全国平均は
月5千円を突破した。
 
 ただ、地域によって3倍以上の差が
あり、減額した自治体もある。
 
 ポイントはいかに健康維持など
介護予防に取り組むか。
 
 保険料の上昇に頭を悩ませる自治体の
参考になりそうだ。
 
 成功例はヒントになるが、地域の実情に
即した対策作りが欠かせない。
 
 大分県豊後高田市は和光市のノウハウを
吸収する一方、高齢者の暮らしぶりを
徹底調査。
 
 要介護予備軍向けの運動教室などを
実施し、要介護・要支援と認定される人を
3年で約2割減らした。
 
 12~14年度の保険料が全国で3番目に
高かった新潟県上越市はレセプト
(診療報酬明細書)を分析。
 
 年1千人を個別に訪問して生活改善を
働きかけ、保険料を167円下げた。
 
 高齢者自らが介護予防の担い手となる
ケースも。
 
 山梨県内で保険料が最も低い北杜市は
元気な高齢者をボランティアの
「介護予防サポートリーダー」として
育成。
 
 彼らを中心に地域の公民館で体操の集い
などを開く。
 
 厚生労働省も新しい介護予防の考え方
の一つとして打ち出しており、市の担当者
は「ボランティア自身の介護予防にも
つながる」と期待している。
 
 厚生労働省は25年度の保険料の全国平均
は8165円に上がると推計する。
 
 淑徳大学の結城康博教授は多くの自治体
に共通する課題として「現場力の欠如」を
挙げ、「民間事業者に仕事を丸投げせず、
現場を回って関係者と課題を共有する努力
がもっと必要だ」と訴える。
---------------------------------------
 
 医療も、介護も予防と言う観点からの
努力が必須だと思います。
 
 病院のベッドを減らしたりする小手先の
対策は止めてもらいたい。
 
 今回の記事は参考になるはず。
 
 地域差が3倍というのは無視出来る
値ではない。
 
 何を改善するのが最も効果的なのか?
 成功事例を参考にして、
 
>現場を回って関係者と課題を共有する
>努力がもっと必要だ
 同感です。

|

« 「下流老人」 | トップページ | iPSから免疫細胞、マウスのがん縮小 東京大医科学研究所が成功 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62171648

この記事へのトラックバック一覧です: 介護予防で保険料低く 自治体が対策、地域差3倍:

« 「下流老人」 | トップページ | iPSから免疫細胞、マウスのがん縮小 東京大医科学研究所が成功 »